リレーコラムについて

話せば成る。

池田高明

お付き合いさせていただいている
クライアントに、とある理系大学がある。

月刊の冊子を担当している関係で
教授の方々に月に1度、
インタビューする機会に恵まれた。

ただ、その仕事をはじめる前は、
「科学者=気難しい」というイメージがあった。
話しにくいんじゃないか…と。
数式で説明されたらどうしようかと。

反省します。

実際にお会いした教授の方々は、
例外なく、人間的で魅力的で、
そして熱っぽく研究について話をしてくれた。

ダイヤより固いというカーボン素材。
人間のあらゆる肌に毛を生やす技術。
どうして生物は誕生したかの解明。

まだ実現には至っていないものの、
可能性に満ちた研究内容を
楽しそうに、夢中で語ってくれる。

みなさん、まるで少年のようだ。

そして、教授の方々が口をそろえるのが
「人と話すことがいかに大切か」ということだった。

違う分野の専門家や、
海外の研究者、悩める学生たちとの
あくまで何気ないコミュニケーションの中に、
研究を前に進める次の一手が
ひそんでいたりするという。

考えてみると、それは
(ちょっと強引ながら)
コピーの書き方と似ているかもしれない。

優秀なコピーライターの方は、
みなさんそろって話し好きだ。
場を盛り上げて周囲を楽しくする
エンターテイナーも少なくない。

もしかしたら、
デザイナーと居酒屋に行くのも、
女のコを誘ってと飲みに行くのも、
異業種の方や違う世代の方と
緊張しながら杯を酌み交わすのも、
ただ楽しいだけじゃなく、
世の中を動かす「いいコピー」につながっているのかも。

とまあ、しょっちゅう飲みに行く
言い訳みたいになってしまったけれど、
教授のお話で言えば、
大切なのはコミュニケーション。

酒は関係ないようです..。

  • 年  月から   年  月まで