リレーコラムについて

まぎらわしい社名。

松田脩

こんにちは。
東京コンサルトの松田脩と申します。
本日もよろしくお願いします。

東京コンサルトというと、
よく「コンサルの会社?」と聞かれます。

残念ながら、
コンサルは行っていません。
求人広告の代理店です。

まぎらわしくて、ごめんなさい。

僕も以前、社名変更を進言したことがあります。
「東京求人広告店」なんてどうですか、と。
無論、一蹴されました。

さて、どうして「コンサルト」なんでしょう。
入社7年目にして初めて、その意味を調べてみました。

【 consult 】:「意見を聞く」「助言を求める」

おぉ。まるでコンサルみたいですね!

しかし意味だけを受け取ると、
まあ遠からず。近いといえば近いかなと。

クライアントから、
意見や助言を求めらることも
よくありますし、
間違いはありません。

でもそんなこと、
どこでも言えちゃいそうですね。
だったらみんなコンサル?
日本総コンサル?

と、ねちねち考えてみましたが、
やっぱりコンサルの会社ではありません。
社員のみんなも、誰ひとりとして、そう言いません。

「コンサルの会社です」
と言ってしまうと(言えないんですが)、
求人を扱っている自分たちを
偽っているような気がするんですよね。

じゃ、なんでコンサルト?
もうなんでもいいです。

さて、
なんだか自分でも
この話にどうオチをつけるべきか
わからなくなってきました。

ただ、これだけはご理解ください。

僕がこうして自分の会社を茶化しているのも、
べつに嫌いだからというわけではなく、
たぶん好きだからなんです。

たくさんチャンスをくれますし、
社長もすごくいい人です。
男はむさ苦しいけど、
女の子はとてもかわいいです。
もはや不可解な社名もふくめて好きです。

そしてなによりも、
こうして新人賞をいただけたのは、
東京コンサルトが育ててくれたおかげ
という他ありません。

はい。僕には恩があります。

なので、
こうしてコラムを書くからには、
すこしでも多くの方に東京コンサルトを
知っていただきたいと思うんです。

そんなわけで、みなさま。
「東京コンサルト」は、「求人広告の代理店」です。
人材にお困りの際は、ぜひ当社へ。

宣伝としては物足りませんが、
とりあえず今日はこの辺で。

明日から本気出します。

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで