リレーコラムについて

長野のこと①

上島史朗

募集:CMプランナー

『宣伝会議』の地域求人特集にあった一行に、僕は飛びついた。
それは、長野県の広告会社だった。
学生時代、競技スキーをしていた僕にとって
長野県は(勝手に)第2の故郷。
これはきっと何かの縁だ。
電話をしたら、面接に来てほしいとのこと。
2回目の面接には、笑顔の社長がいた。
「まぁ、頑張ってみなさいよ」
20代、埼玉出身の僕は、長野で働くことになった。

最初の仕事は、地元のケーブルテレビの番組制作だった。
駅前の百貨店がスポンサー。
内容は催し物の案内、季節のおすすめ品の紹介、
店員さんへのインタビュー、タウン情報等々。
手作りマペットの番組キャラクターが
レポーターと一緒に店内を回る。
百貨店を舞台に、ミニドラマをやることもあった。
30分番組。くりかえし放送して、毎週水曜に更新する。
くりかえし放送するから、
長野市や須坂市では多くの人が観ている高視聴率の長寿番組だ。
1週間のスケジュールは以下の通り。

木曜、取材。
金曜、取材と撮影。
土曜、取材と撮影。
月曜、社内の編集機でオフライン(徹夜)。
火曜、スタジオで本編集+MA、入局。
水曜、次週の企画会議。

毎日、必死に取材と撮影をくり返した。
あれ…何かおかしいぞ。
CMの仕事は…?

撮影、編集チームも含めて総勢10人の
番組制作スタッフに欠員が出たことが
「CMプランナー募集」の真相だったみたいだ。

初出社の日から、地元のお坊さんに取材に行った。
「善光寺縁起絵巻」について丁寧に語るお坊さん。
必死にうなずきながら、自分は何で
こんなことしているんだろうと心の中で禅問答した。

番組スタッフの皆さんは、
意気揚々と番組を作り続けた。
みんな、この30分の番組を
いいものにしようと一生懸命だった。
戸惑う日々は続いたけれど、
ここで頑張らないのは失礼だと思うようになった。
とにかく百貨店に通って取材を続ける毎日。

くる日もくる日も、番組を作りながら、
水曜日の企画会議に向けて企画を作った。
はじめて自分の企画が通ったのは、
1年半がすぎた頃だった。

「1ヶ月の無人島生活。持っていくなら何?」
毎回様々なテーマで1時間買い物をしてもらう、
お客さん参加型の企画。
初回は、自分が所属するフットサルチームの
キーパーにお願いして出演してもらった。

やっと企画がオンエアし、
その企画が軌道に乗ってきた数ヶ月後、
予算の見直しがあって、
10年以上続いてきた番組の終了が決定した。
さて、これからどうしよう…。
(つづく)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…ぜんぜんコピーの話が出てこなくてすみません。

はじめまして。
フロンテッジの上島史朗と申します。
電通の宮田さんから、
重たいバトンを渡されました。
「コピーライター」になるまで、
たくさんの方にお世話になったことを思い出して、
これまでの日々をまとめさせていただきます。
1週間、よろしくお願いいたします。

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで