リレーコラムについて

これ、誰がかいたの

猪股司

それは、僕にとって、つい最近の思い出です。

上野のいつくかある美術館に、たびたび娘と二人で行っていました。
6才の娘が、終わりに近づいたときです。
ひとつの絵の前で、じいっと立ち止まって、言いました。

「この絵、だれの絵?」と。

それはピカソの絵でした。

そういうことか、と思いました。

  • 年  月から   年  月まで