リレーコラムについて

ハハのケータイ。

後藤由里子

今日も書きます。後藤です。
あ、昨日書くの忘れちゃいましたが、
電通でコピーライターをやってます。
かわいい子供とあんまりかわいくない夫と暮らしてます。
近くに私の両親が住んでいます。
夫の両親は名古屋に住んでいます。
てなとこで、今日の話です。

夫の母が最近ケータイを持っている。
「おにーちゃんにもたされちゃってね、うふふ」

先日夫の兄は、臨月の妻を名古屋に残し、
アメリカへ転勤してしまった。
緊急連絡用にと、母にケータイを渡したらしい。

「おにーちゃんから、メールもくるのよ」
「へー。メールだと時差も関係ないし、
いいですよねえ。お返事とか送ってるんですか」
「うん。まりちゃん(兄嫁)に教えてもらって」
「すっごーい。おかあさんがメールを送るなんて」
できた嫁(私)は、ほめるタイミングをのがさない。

ところが義母は浮かない声でこう続けた。
「それがねえ、2度目からは、よう送らんの。
まりちゃんにやってもらったときは送れたんだけどねえ」
かっ、かわいい!てるちゃん(と、いーます、彼女)

そういえば、私の母もケータイを持ちはじめて半年になる。
子供の保育園のお迎え担当なので持ってもらったのだが、
何度教えてもぜーったいに留守電を聞きません。

と、ゆーわけで急ぎのときは何度もしつこくかけるハメに
おちいる。もー、いそがしいのに、アタシ。ぶちぶち。

かっこいいのとか、カラーとかもいいけどさー、
ハハのケータイ、どこかつくってくれませんかねえ。
私、2台買いますよ。

NO
年月日
名前
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
  • 年  月から   年  月まで