リレーコラムについて

年齢のこと。

石橋涼子

本日も石橋涼子30歳ですよろしくお願いいたします。
来月には31歳になります。

29歳の冬の日、
一緒にお酒を飲んでいた30代プロデューサーさんに
自分の30代のビジョン(結構マジメな内容)を熱く語ったところ、
「30代はね、傷の治りが遅くなるから
 そのことに落ち込まないように」
というアドバイスを頂きました。

比喩でもなんでもなく、言葉通りの意味でした。

その言葉の正しさは、
29歳の誕生日に泥酔して転んでできた痣が
30歳も終了間際の今なお消えないことで証明されました。

ちなみに現在5ヶ月半の赤子(超美男子)を育てております。
前段長くてすみません。

赤ちゃんの爪というのはちょっとした凶器でして、
しょっちゅう自分の顔を掻いては
切り傷をつくっています。

最近では私の顔や首をつかんでくるので
こちらも生傷が絶えません。

そして当然ですが、
0歳の息子の傷が消えるスピードと
30歳の私の傷が消えるスピードは
ウサギとカメ以上に差があるわけで。

一日で完治している息子の顔を見るたびに
自分の傷(5日目)をそっとなでてしまいます。
不公平だ・・・。

ちなみに息子には傷だけでなく、
いわゆるキスマークも大量につけられます。
おっぱいを吸う勢いで首もとにかぶりついてくるので。
こちらは満更でもないです!いえす!

最後のコラムがこんなですみません。

そんな感じで毎日楽しく暮らしていますが、
春には社会復帰しますので
改めて石橋涼子31歳を
何卒宜しくお願いいたします。

コラムのバトンは、
前回軽い気持ちで引き受けて後悔していたのに
またもや軽い気持ちで引き受けてくださっちゃった
福田宏幸さんにお渡ししました。

それでは。
一週間おつきあい頂きありがとうございました!

NO
年月日
名前
5085 2021.03.05 牧野圭太 お詫び。
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
  • 年  月から   年  月まで