リレーコラムについて

点と点と

本多集

昨晩は急遽、早期退職する元同僚の送別会に顔を出すことになり
リレーコラムを1日遅らせてしまいました。すみません。

40そこそこで退職という人生最大の転機。
この先、何も決まっていないといいながらも
組織からの開放感からなのか、気丈に感じました。

自分に置き換えてみてもターニングポイントはいくつかあります。
広告会社への入社、そして転職もありましたが、
それ以上にMacintoshとの出会いがあったことが大きかったです。

当時はアナログ(版下にロットリングでトンボをひき、
写植を切り貼りしてピンセットで張り込んだり)からデジタルへの転換期。
ある日突然、1台のMACが同じフロアに置かれていたのです。
1人1台ではなくフロアに1台。会社にたった1台だけでした。
でもその四角い白い箱には誰も触ろうとしませんでした。

 もし会社にMacintosh Quadra950が導入されなかったら、

 もし会社にMACのスペシャリストがいたら、

 もしクリエイティブ局に転局できなかったら、

たらればを言い始めたらきりがありませんが、
自分にとってはまさに魔法の箱。
その箱を使って同僚の二次会の葉書やら結婚しました葉書やら、
直接仕事には関係ないものばかりをつくっていました。
そこが自分のクリエーティブのはじまりであり、今のベースになっています。

スティーブ・ジョブズもスタンフォード大学のスピーチで言ってました。
いつか点と点はつながると。
その時は分からなかった点は明日につながります。

いつかきっと。

———————————————————

リレーコラムも今日で終了になります。
ほとんどADとしての話しばかりですみません。
このバトンは罪滅ぼしも含め、ちゃんとしたコピーライターにお願いしました。
数ヶ月前までいた電通中部支社の都築徹です。

彼とは「LEGO」やチャイルドシートの「リーマン」「キッザニア」等々
いろんな仕事を一緒にやってきた、いわば戦友のような関係でもあります。
もちろん彼がコピーで自分がADです。

ここでは毒は吐かないと思いますが、
たまにブチッて音が聞こえるぐらいにくキレます。
そしてダークサイドの顔が、、、あ〜コワッ。

それでは、とりとめのない話しにお付き合いして頂き
ありがとうございました。

このコラムを読んでいるどなたかと
どこかでお仕事をご一緒出来たら幸いです。
コピーではなく、もちろんデザインの方で。

本多集の過去のコラム一覧

3701 2014.08.22 いいね!はじめました。
3700 2014.08.20 「5、6、12」
3698 2014.08.18 締め切りマジック
3101 2011.12.03 点と点と
3100 2011.12.01 師走
NO
年月日
名前
5086 2021.03.09 猪飼ひとみ あの鐘を鳴らすのは
5085 2021.03.05 牧野圭太 お詫び。
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
  • 年  月から   年  月まで