リレーコラムについて

京都帰省8.16

宮井政明

地元が京都ということもあり、毎年夏になると、
まずは祇園祭の宵山巡りを皮切りに、五条坂で陶器まつりを冷やかし、
下賀茂神社で納涼古本まつりを堪能、締めは近所の船岡山から
五山の送り火を拝むというお決まりのコースをたどっていました。
これさえ押さえておけば、私の夏は満足だったのです。

今年は転勤のため、残念ながらこのコースを
すべてこなすわけにはいきません。
で、8月16日に夜空を彩る五山の送り火に的を絞り、
帰省しました。

2、3年前までは、まだ元気だった祖母の
手を引いて船岡山に登り、右大文字、
左大文字、妙、法、船に向かってふたりで
手を合わせ、その時々の願いごとをしていました。

この夏は、甥っ子と登ることに。
「みんなの言うことをよう聞いてるか」
「夜更かししたらアカンで」
などと説教をたれながら。

頂上へ着くと、地元の友達が船に点火する係なので、
「いま船、点いたん観えたで!」
「護摩木が熱くてたまらん!」
などとメールでやりとりをしていました。

ただ今年は、陸前高田市の薪を結局使わなかったのが残念でした。
何らかの反応が出たにせよ、多分そんなのしれてるでしょ。
陸前高田市の方々が、地元で悲しそうに薪を燃やされている
ニュースを観て、つくづく何とかならんかったんかなぁ、と。

そんなこんなでこの夏は、地元京都でも
震災のことを考えることになりました。

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで