リレーコラムについて

東京転勤3.25

宮井政明

あの震災からわずか2週間後に東京へ転勤してきた
大広ONESの宮井政明です。
(金田さん、神戸の夜は、私の青春でした)
(生駒師匠、お元気ですか)
(下堂先生、ご無沙汰しております)

東京での住み家を決め、大阪へ帰って来た直後に地震が
発生しました。この状況で本当に転勤できるのか?
と思っていましたが、3月25日、辞令通りやってきた次第です。

東京に着き、浜松町の駅に降りた瞬間ホームが暗かったので、
不謹慎にも「あ、この節電風景、テレビで観てたやつや。
やっぱり東京はライブやなぁ」と、ちょっと興奮しました。
マンション選びの決め手となった、ベランダから見える
ライトアップされた東京タワーもまばゆいレインボーブリッジも、
節電のため、息を潜めていたので、
さらに、震災後の東京に来たことをリアルに感じました。

上京当時、情報手段はラジオだけでしたが、それもすぐに電池切れに。
コンビニには、電池はおろか食料もほとんどない状態でした。
音のない部屋で、ひとり黙々と荷をほどき、
お腹が減れば開封したダンボールから出てきたカップラーメンをすすり、
夜になるとダンボールを敷布団代わりにして寝る。
で、寝ついたと思ったら余震で目が覚め、
布団から飛び起きて本棚を押さえる。
本棚を必死で押さえている夢で目が覚めることも多々ありました。

エライときに東京に来たなぁ・・・とも思いましたが、
逆に反作用で何かが起こりそうな期待を今もしています。

私の東京ライフは、こんな感じでスタートしました。

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで