リレーコラムについて

生徒の生徒

小林慎一

僕は今年で8年目です。
僕的にはまだまだ勉強することばかりで、
雑多な仕事に追われながらも、
なんとか、いいもの残そうと奮闘している毎日です。

と、自分のことでも精一杯なのに、夏から僕に下がつきました。
彼は2年目なんですけど、僕が教育係というわけです。

人にモノを教えられるほど、僕は偉くはないけれど、
幸か不幸か僕の下になったからには、
とにかく僕が8年間で学んだことは全部教えてやろうと、
日々ぐちゃぐちゃと仕事をしながらも、なるべく、
時間をさいてコピーを見てあげようと思ってます。

「じゃー、この考え方はいいから、
この辺でもうちょっと考えてみようか。」
軽く言い残して家路について、次の日会社に来てみると、
「考えたので、見てください。」と真っ青な顔している。
つまりは、僕がかる〜く言い残した言葉を受けて、
彼は徹夜をしているわけです。

教育係というものは、彼の成長だけでなく、健康にも責任があるし、
僕は怒るの好きじゃなけど、怒んなきゃいけない時もあったりで、
なかなかに難しい。仕事が2倍になった感じ。

彼がいいコピーかいてきた時には、
自分がいいコピー書けた時みたいに嬉しいから、
喜びも2倍なんですけどね。

NO
年月日
名前
5009 2020.10.29 古屋彰一 網下着おじさん
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
  • 年  月から   年  月まで