リレーコラムについて

空白の18ヶ月

尾形真理子

i Podに入ったデータを見ると、
2009年11月23日と記されている。
これはわたしが最後にジョギングした日付ということだ・・・。
その後は、「寒くなってきたから」「花粉がひどいから」「暑いから」
などと理由をみつけては、ずいぶん長いことサボっていたのだ。
世の中におとずれた「ジョガーブーム」に乗っかって、
数年前にはじめたジョギング。
走りながら飛ぶとか、走りながら投げる、とかになると、
途端に苦手になるのだが、単純に走るだけというのはキライではなかった。
それなのに、この1年半でした運動なんて駅の階段をのぼるくらいだ。
タンスの中に放置されているジョギンググッズを目にするたびに、
心がチクリとするのがストレスだった。

「走ろうじゃないか」
今夜になって突然思い立ち、久しぶりにジョギングシューズを履いた。
以前と同じように10km走のプログラムを無謀にも設定した。
「1年半まったく走らず、一体どれだけ走れるのか」
3週間サボると、体は完全にもとに戻ると聞いたことがある。
確実に加齢もしている。辛かったらやめよう。
夜の街を東に向かってちんたら走りはじめた。
i Podはジョギングでしか使っていなかったため、
流れてくるちょい古の音楽を苦笑いで聞きながら。

2kmをこえたとき、意外に走れるものだなと驚いた。
4kmをこえたとき、そういや自分はこんな走り方だったと思い出した。
腕の振り方、足の出し方、呼吸の取り方。
7kmを過ぎたところで、もうやめたいと思った。
そう言えば、わたしはいつも7km地点でくじけるタイプだった。
自分でも、まさかと思った10kmを走り終えると、
タイムを見て、さらにびっくりすることがあった。
2009年11月23日のタイムと、まったく一緒だったのだ。
たいして速いわけでも、とりわけ遅いわけでもない、かなり微妙なタイム。

この事実をどう受け取ればいいのか、頭が混乱した。
この1年半という時間は、なんなのだ・・・。
たまたま体調が良かったとか、久しぶりでやる気があったとか、
そんなラッキーもあるような気がする。
でもそれ以上に、「体が覚えている」という感覚があった。
すっかり忘れていた自分のペースを、体だけが覚えていた感じ。
きっと明日になると、今までに経験したことのない
筋肉痛とか、膝の痛みとか、あるかもしれない。
どうしたって18ヶ月のブランクはあったわけで、
無鉄砲なジョギングの代償は、どこかに出ているはずなのだ。
それでも、体が覚えていたということが、
なんだか新鮮な体験だった。
自分の頭や心より、よっぽど信用できるなと思った。

NO
年月日
名前
5188 2021.10.25 中川真仁 わたしが死んだら、わたしを探してください。
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
  • 年  月から   年  月まで