リレーコラムについて

全裸ファイト

漆畑陽生

年齢による公開制限区分がはっきりしたことで、
昔に比べると、日本でもボカシなしの映画を
見られる機会が増えました。

そういう日本になってよかった、と心から思えた映画が
デビッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」です。
作品そのものも大変すばらしいのですが、
まちがいなく映画史に残るシーンが後半に訪れます。

主人公を亡き者にしようと、
サウナに乗り込むロシアンマフィア。
入浴中の主人公。
大乱闘になります。主人公はもちろん全裸です。
むきだしの肌。敵の手に光る小刀。ブラブラする股間。
その緊迫感たるや、ジェイソン・ボーンでも及びません。

主人公を演じたヴィゴ・モーテンセンは、
みごとアカデミー賞にノミネートされました。
この時期、TCC賞に向けたコピーを
仕上げている方もいらっしゃると思いますが、
全裸で書くとノミネートされるかもわかりません。

  • 年  月から   年  月まで