リレーコラムについて

次、停まります

横澤宏一郎

バスにありますよね、
「次、停まります」っていうボタン。

あれ押すと負けっていうのないですか。
他の人に押してもらって、便乗して下車すると勝ちみたいな気分。
労せずに功を得るというか。大げさか。
ボタンを押すのがなんか自己主張っぽく、
見られたくない行為に感じたり。

次の停留所のアナウンスが流れて、
なかなか誰も押さないから「次のトコには私以外降りないのか」と
ボタンを押して、バス停に停まる。
すると、どうでしょう。
こんなに降りるのかよ!っていうくらい降りる人がいる。
負けた・・・。
降りる人が多いほど、完敗感があるわけです。

絶対誰か降りるはずのメインバス停では、特にそう。
誰か押せーと。

そんな都会のプチな競争意識のない人がいると、
アナウンス直後に即押してくれて、平和。

私だけですかね・・・。

  • 年  月から   年  月まで