リレーコラムについて

のど自慢

森川晴久

リレーコラム4日目。

明日も忘年会。ADK中部支社森川です。
どうして日本人は、年末にわざわざ集まって、飲むのかな〜。
別に何も特別なこともないし。
2軒目は会社らしい会社ほど、カラオケが多い気がしますよね。
てきと〜なこと言ってますが。

で、最近気になってるのが、究極のカラオケ?「のど自慢」。
「のど自慢」は知ってのとおり毎週、全国の市、町、村を訪れて
公開生放送をしています。テーマは「明るく、楽しく、元気よく」。

「のど自慢」の何が気になるのか。それは「 破壊力 」。

例えば、地元の保育士3人組(推定年齢20後半〜30前半)が、
職場のトレパン姿で出てきて「12番!仮面舞踏会!!」
てな感じで、ド下手な歌と踊りを繰り広げる。
会場、大拍手。
鐘は1コで、3人はずっこけ。そこで司会者が
「いやっ〜、楽しそうな、ひょうきん3人組でした〜」と終わる。

う〜ん。何かこの空気は、“昭和ほのぼの“では語れない気が。
目の前に大きな“どよ〜ん“としたものを置かれて、
だんだんそれが溶けてくのを見せられてるような‥。

あと、自分の職業柄とても気になるのが、
素人を2〜3分とはいえ生放送で放し飼いにする勇気。
出演者の、あの危なっかしい感じがスゴイ。
しかも、出演者は全員善人に見えてくる。

もう、やられっぱなしです。

このなんとも言えない雰囲気。
CMじゃ、だせないんだろうな〜。まさに天然に勝るものなし。

ということで、明日もネタがないので、てきと〜なことを書きます。
ではでは。

ADK中部支社 もり皮

  • 年  月から   年  月まで