リレーコラムについて

電通に入っておけばよかったなぁ〜

鈴木康之

若気の至りで西尾さんのもとを飛び出して、
業界初めてのフリーランス・コピーライターになりました。
モテました。電話がジャンジャンでした。
日本デザインセンター時代の兄貴分、赤井恒和さんが電通にいて、
私に生命保険協会のシリーズ広告などのいい仕事をくれました。
5年間60本の作品になりました。
局長の近藤朔さんも小林泰介さんもよく仕事をくれました。
1年半ほどしたとき、小林さんから「もう入社しろよ」と言われました。
私にはそのつもりがなかったので、びっくり。
丁重にお断わりしました。
富士ゼロックスの仕事は全部やらせてもらっていて、
つぎはビューティフル・キャンペーンだというところで、
ある日、コピーライターが代わりました。
ま、監督の意に沿わなかったのですから仕方ありません。
赤井さんには兄事しつつ、公私、親友づきあいをしてもらいました。
元旦に、両夫婦で近藤さん宅へ年始の挨拶にいくのが決まりでした。
うちの娘が三つ、四つの頃でした。
近藤さん夫妻は美男美女でしたから、お嬢さんがまたすこぶるつきの美人。
外国語ぺらぺら、ピアノもうまい。そして料理も。
ある年、おせち料理のほかにうちの娘のために、
可愛いミニ餃子を作って待っていてくれました。
近藤さんが長年書いていたキッコーマン醤油のコピーは
赤井さんが跡を継いでいました。
翌年の正月広告、赤井さんはキッコーマン醤油の15段で
「年始客には意外と子供連れが多い。
それも、小さなお客さま。」と書きました。
1975年の年鑑に載っています。
近藤さんのお嬢さんは後にロスチャイルド家の研究家となり、
ベストセラーを出しました。伊藤緋紗子さんです。
赤井さんは飲ん兵衛でしたが、スタイリストでした。
お洒落で、銀座の決まった高級テーラーでスーツを作っていました。
銀座の飲み屋をはしごして、タクシーを拾って相乗りで帰ろうと、
交差点で並んで、信号の変わるのを待っていると、
となりで、ピシャピシャ音がする。
見ると、しゃんと立ったまま、顔を前に向けたまま、
赤井さんは吐いているのでした。それを、
カウンターで人の話を聞きながら姿勢を崩さずにやることもありました。
こんな赤井恒和流を崩さずに、
多くの名作コピーを書き残して、さっさと逝ってしまいました。
赤井さんがいなくなってからも、
電通さんには沢山仕事をもらい、沢山の友だちもできました。
ですから、私なんかには勤め上げられなかったかもしれませんが、
同世代の人たちが幸せそうにリタイアしていくのを見て、
シマッタァ、あんとき入っておけばよかったなぁ、と
思ったことが二度や三度ではありません。

NO
年月日
名前
5188 2021.10.25 中川真仁 わたしが死んだら、わたしを探してください。
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
  • 年  月から   年  月まで