リレーコラムについて

思い出コスモス(その五) 「アネモネとコスモス」

小野田隆雄

古い話を、四回おつきあいいただき、ありがとうございました。
どうも、牛島さんに上手に乗せられてしまったようです。
牛島さんは、きっと素敵なセールスコピーが書けると思います。
それは、とても大切な才能だと思います。

さて、私のあとは鈴木康之先輩が、バトンを受け取ってくださいます。
コピー道とゴルフ道を深く追求した鈴木さんの熱い言葉が、
きっと、みんなをドキッとさせてくださることでしょう。
鈴木さん、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます。

今回のアネモネとコスモスは、両方とも好きな花ということ以外に
意味はありません。ただ、ふたつ並べて声に出してみると、
だんだん頭が混乱しそうな感じが、いいでしょう。

  • 年  月から   年  月まで