リレーコラムについて

一日その2

麻生哲朗

夜は大体眠れない。
瞼ピンコ立ち状態である。
最近気に入ってるのは恵比寿のツタヤである。
あの、レンタルビデオのツタヤである。
人の名前ではない。
とにかくもの凄い量のソフトの数である。
見ているだけでかなりの時間を食う。
しかもアダルトコーナーがないので
意志に反して煩悩がピンコ立ちになるという間違いも起きようがない。
借りると大体眠くなるまでノンストップで見ることになる。
遅ればせながら見てみた「ノッティングヒルの恋人」で
「ちきしょー2時間損した!」と悪態をついたり
何度見たかわからない「ルディ〜栄光のウイニングラン〜」で
「くーっ、やっぱいいなぁ映画は」と思い直したり
ま、様々だが時間があっという間に過ぎていくのは事実だ。

映像の勉強だ!という気持ちで見ることはない。
何となく刷り込まれていく感じと
それを思い返して「自分の感じ」に変換するだけでいいように思う。
強烈なものはいやでも残るし
そうでないモノは、もともと大したことないと思うからだ。

昨日も、そんな夜を過ごそうと帰りにツタヤに寄ることを楽しみに
深夜の会社を後にした。

そんなわけで、昨日もうっかりリレーコラムのことを忘れてしまった。
あれだけ謝ったのに。
今日もう一回書きます・・・すみません。

麻生哲朗の過去のコラム一覧

3414 2013.06.11 自転車泥棒
0229 2000.07.07 一日その3
0228 2000.07.07 一日その2
0227 2000.07.05 一日
NO
年月日
名前
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
4988 2020.10.20 神戸海知代 ぐいパンは、愛にあふれてる。
4987 2020.10.19 神戸海知代 世界は、メッセージにあふれてる。
  • 年  月から   年  月まで