リレーコラムについて

悪口

細川美和子

高崎さんはみんなから
ジャイアンって呼ばれてたりしますが、
じつはちっちゃい男なんですよ。

若い子たちの大将的存在だからジャイアン。
障害物をなぎたおして広告を作り続けるからジャイアン。
身長180センチだからジャイアン。
そんな、ちょっとかっこいい文脈から
ジャイアンって呼ばれてると思い込んでいたら、
じつはちがったんですよ。

高崎さんは音痴なんです。

先日、とあるクライアントにいっしょに
演出コンテプレゼンに行ったとき。
うたものだったので、PPMを待ちきれずに
クライアントがどんなメロディなのかを知りたがりました。
「高崎さん、ちょっと歌ってみてくださいよ☆」
うれしそうにおねだりするクライアント。
もうかなり曲はできていたので披露すればいいものの、
高崎さんはかたくなに歌おうとしません。
盛りさがるクライアント。

きっと制作のクオリティに関わる
深遠な理由があるのだと思って、
わたしも口をはさむことを控えていました。

でも単に音痴で歌いたくなかったんですって。

クライアントファーストの世界では、
あるまじき行為ですよね。
ちっちゃい男です。
本当のジャイアンを見習ってほしいです。
音痴でも堂々と歌っています。

「この世には強い男なんていない。
強いふりをしている男がいるだけさ。」

そんないつか読んだ小説の一節が頭をよぎり
すぐに消えておなかがへったので吉野家に入りました。

でもなんで気弱で従順な私が
無理にこんな話をしているかといえば、
ジャイアンに「おまえ、次、リレーコラムかけよな!
それも、おれの悪口からな!」
と、おどされているからです。

これはつまりジャイアンの手のひらの上で
書かれているリレーコラムであり、
本当の本当はおそろしいジャイアンっぷりなのです。

でもなんでそんな命令を?
叱ってくれる人がいなくなった成功者の孤独?
本当に書くかどうか忠誠心のテスト?
SにあきてMを開拓?

わたしには荷が重いとも思ったのですが、
わたしも最近Mにあきてきたので引き受けました。
堂々と言う悪口って、気持ちいいもんですね。
クセになりそうです。

細川美和子の過去のコラム一覧

2216 2008.05.09 謝罪
2214 2008.05.08 悪口
2213 2008.05.07 暴露
1618 2006.01.21 はじめてのサイン
1617 2006.01.19 あと1分
  • 年  月から   年  月まで