リレーコラムについて

34才の決断

原田朋

欲ばりなのである。AかBか決めなければならないとき、なんとかAもBも手に入れる方法はないか考えてみるのである。A案もB案もおもしろい。仕事仲間も家族も大切にしたい。肉弁当も魚弁当も食いたい。彼とも彼女ともつきたいたい。とかなんとか、若さが許す体力と時間の限り欲ばってきたけれど、そろそろ決断しなきゃいけない時のような気がしてきたのである。34才、そろそろ「未来があること」を売りにするのは許されなくなってきた。クリエイティブだって、決断が必要な案ほど、方向性が鋭くて強い案だと思っているのだ。決断することは、選ぶこと、絞ること。でも決断するときは、自分に嘘をつかないようにしたい。

とぎれとぎれの一週間、
おつきあいいただきありがとうございました。
次は博報堂の高橋真くんです。

NO
年月日
名前
5689 2024.04.12 三島邦彦
5688 2024.04.11 三島邦彦 最近買った古い本
5687 2024.04.10 三島邦彦 「糸井重里と仲畑貴志のコピー展」のこと
5686 2024.04.09 三島邦彦 直史さんのこと
5685 2024.04.06 中村直史 追伸
  • 年  月から   年  月まで