リレーコラムについて

原田朋

波を、自分で呼ぶことはできない。でも波に乗ることはできる。大きな波に乗るのはとても勇気がいる。難しかったりもする。でもうまく乗るととっても楽しく、眺めもよくて、まわりもすげーって思ってくれたりする。・・・なんて、僕はサーフィンなどしたことはないのですが、身の回りのことや、仕事のことなんかを、波に乗る、っていう風に考えたりすると、自意識過剰が、ちょっとリラックスしたりして。いまは波がきてないから、なんて思ったり。人生には、大きな波も、小さな波もやってくる。さらにいい波は、待っているだけではだめで、探さないといけないのかもしれない、とも思ったりもする。波打ち際で、ちゃぷちゃぷ遊んでいるのも、それはそれで楽しいんだけれど、時には大きな波に乗る決断も、あっていい。世の中の大きな波。身の回りのあれこれの波。逆らおうとしないで、気持ちよく乗りたい。いっしょに波に乗ってくれるパートナーがいると、波乗りはもっと楽しい。

NO
年月日
名前
5437 2023.02.08 坂本和加 「君はヘン」
5436 2023.02.07 坂本和加 「3冊目の本の話」
5435 2023.02.06 坂本和加 「変わらない言葉」
5434 2023.02.03 原麻理子 好きなコピー、気になるコピー
5433 2023.02.02 原麻理子 제 사랑하는 한국어(私の愛する韓国語)
  • 年  月から   年  月まで