リレーコラムについて

4日で9万負けました

井村光明

あけましておめでとうございます!!!
TCCには94年入会の博報堂クリエイティブヴォックス井村光明と申します、よろしくお願いします!
このお正月は最大11連休でしたが、みなさんいかがお過ごしだったでしょうか?
最後にとどめの3連休もあったりして、旅行に行かれてた方も多かったようですが、
そんな、お正月を海外で過ごされた日本人のみなさん、
こんな時期に旅行に行くのはやめろよっ!たのむから。
みんながそんなことするから、年々正月に会う人がいなくなって、せっかく田舎に帰ってもさみしい思いをしてる独身中年がいることを考えたことがあるのか!?
どーなんだよ!なんとか言ってみろよ!!
てな感じで、この正月僕は徹底的にヒマでした〜
年末年始という時期は大好きだし、帰省シズルも好きなので、毎年実家の広島に帰るのが楽しみだったんですが、38にもなると手放しで楽しみ〜とも言ってられない年齢なんだなあと実感した、さみしい11連休でした。
あたりまえのことではありますが、ねえ、結婚しちゃうと友情ってやっぱり消えるものなの?
やれ嫁を実家に一人で残しとけないだの、子供見る当番だの、今日までいるんだけど明日から嫁の実家に行くんだよねーだの、俺と嫁の実家両方行くのも面倒だから中間とってどっちにも帰らず東京にいることにしたんだよ、だのだの、あげくのはてに、娘が受験だからそういうのはちょっと、といいだすヤツ(男)もいて、オメーが受験生かよ!みたいなツッコミもいれたりしてたんですが、結婚するとそんなに出かけにくいもんなんでしょうか?
僕的には、ここで会っとかないと来年まで会うチャンスがないのに〜と、かなり真剣なんですが、みなさんの場合どんな感じですか?
二時間くらいでいいんだけどなあ〜
いや5分だけでもいいんだけどなあ〜
いやいや2分だけでもいいかも、、つまんなくてすいません 苦笑
でもほんと、結婚するとちょっと家を抜けるってわけにもいかなくなるみたいで、自分ますます結婚する気がなくなっていきます。
あと、もちろん「じゃあ奥さんもいっしょに来れば?」と提案もしてるんですが、来たためしがありません。
面倒くさいからですかねえ?
ていうか、僕という人間が面倒くさく思われてるのか!?しゅん。。
といいつつも、まあ既婚者の方はいろいろ事情があるのもわかるんで、もはや期待もしてないんですが、旅行はいつでも行けるのにわざわざ正月にいくヤツがあるか!?と思うわけです。
正月くらい旧交を温めようよ〜
僕のためだけではありません、ご自分のためでもあるんですよ!
日本といえば、やっぱり大晦日から正月が旬なわけで、外国の方がこの時期に観光に来ることこそあれ、日本人が出国するのはもったいなさすぎる!のでは!?
でっかい格闘技イベントはあるは、カウントダウンライブなるものもあちこちであるは、テレビだって特番目白押しで、もう日本から目を離せない!でしょ!
、、、とは、最近は言い切れないか、冷静に考えると。
紅白歌合戦の視聴率も悪かったようですし、PRIDEもあんなことになっちゃってるし。。
海外で正月を迎える人が多いのは、やっぱ紅白がつまらないせいなのかなあ。。
くっそー、紅白の野郎。。。
来年はみんなが絶対見たくなるようなスゴイ紅白で、みんなが日本に釘づけ、しかも実家に帰ってる!だといいんだけどなあ。。どんなのがスゴイ紅白なのか思いつかないけど。
ついでに結婚してる人も、個人主義の時代だし、年末年始はそれぞれの実家にバラバラに帰るってことにして頂けると助かるんだけどなあ。。。
ん、待てよ。こっちはなんか思いつきそうだぞ!
こう考えてみてはどうでしょうか、突然ですがコピーを書いてみました。
「僕たち、私たち、年末年始は独身なんです!」
〜夫婦別姓を推進する国民会議 後援 総務省 (もちろんクライアントは仮)
、どう?どうすか?!
ちょっと楽しそうじゃないですか?
なんかこれはいいかも!みんな賛成しそうだし。
「年末年始はダイヤをはずして特別ダイヤ」とか、ダジャレでもいいかも。
もちろん、年末年始は給料三か月分の結婚指輪なんてはずして独身に戻ろう、って意味で。
人妻の方もこうご主人に言われたら、
「そうね、そこまで言うんだったら、来年は別々に実家帰るってことでもいいわよ」
と、何かを期待してるような半ば赤らんだ顔と濡れた瞳で、旦那を野放しにするに違いない!
しかもプレゼン上の理屈もつきやすいぞ!
「個人情報保護とかで名簿がなくて年賀状も書きにくい昨今に、年末年始夫婦別姓特別法案!」
できた!日本の旧交を守るにはこれしかない!
すごく面白い紅白歌合戦を考えるより、憲法を変えるだけで済むからはるかに実現性が高そうだ!
安倍総理改憲するらしいし!よし、これプレゼンに持ってこう!コンテ発注だ!
おいおい、誰もオリエンなんかしてないっつーの。
なんてことを広島のフリー雀荘で、なんと清老頭に振り込んだりしながら考えた、とってもヒマな2007年のお正月でした。

NO
年月日
名前
5308 2022.05.26 淺井勇樹 エビ中
5307 2022.05.25 淺井勇樹 勝敗
5306 2022.05.24 淺井勇樹 偶然
5305 2022.05.23 淺井勇樹 言外
5304 2022.05.20 上島史朗 夏休みの自由研究と哲学対話
  • 年  月から   年  月まで