リレーコラムについて

ほんとうを言うと

金箱洋世

初めて会う人に笑顔で戦略なんかの話をしてる自分も、
こうすべきです、とか人を説得したりするのも、
決めることは可能性を捨てることだということも、
相当怖いです。

だから、考えるだけです。
あと15分考えたら、
わたしなりにもう少しだけ、
まだ行ったことのない場所に行けるかも、と
頑張ったりみたりするのです。

でも、
おびただしく努力する日本一有名な先輩プランナーとか、
明け方のケータイに演出方針を相談してくる演出家とか、
「何点?」とか言いながら、
真夜中によろよろ企画書を見せにくるオブ・ザ・イヤーがいる限り、
怖いとか言ってる場合じゃないのです。

頭がちぎれるほど考えてるひとが
まわりにたくさんいることは、
たぶん、とてもしあわせなことのような気がします。

こうして思っていることを
正直に書いてしまったりすることも
だいぶ怖かったのですが、頑張ってしまいました。
一週間ありがとうございました。

もう日付が変わって来週が始まります。
来週からはCMプランナーの佐藤由紀夫さんです。
怖くてたまらないとき、
やはり勇気づけられてしまう
尊敬してやまない先輩です。

NO
年月日
名前
5437 2023.02.08 坂本和加 「君はヘン」
5436 2023.02.07 坂本和加 「3冊目の本の話」
5435 2023.02.06 坂本和加 「変わらない言葉」
5434 2023.02.03 原麻理子 好きなコピー、気になるコピー
5433 2023.02.02 原麻理子 제 사랑하는 한국어(私の愛する韓国語)
  • 年  月から   年  月まで