リレーコラムについて

*ぜったい読んだほうがいいリレーコラム

東畑幸多

今年TCCに、入会した東畑といいます。

新人にもかかわらず、ほとんどリレーコラムが書けていません。
このコラムをだれも読んでいないのではないか、そんな甘えが自分の
どこかにあって、つい先送りしてしまいました。すみません。

ただ、このリレーコラムは読む価値がないかといえば、
全然そんなことはありません。s
中でも、私がいちばん感動したのは、
児島令子さんが書いた「ファーストプレゼンに愛を込めて」
というコラムです。

このコラムには、自分が書いたコピーを、
クライアントではなく、チームのみんなにはじめて見せるときの
児島さんの想いがかかれています。

それは、プロのコピーライターとして生きていく
児島さんの覚悟がにじみでるような文章でした。
読み終わったあと、感動したのと同時に、
自分の仕事に対する姿勢を考えさせられました。

本当にすばらしいコラムなので、ぜひみなさんも読んでください。

あと、TCCとはまったく関係ないですが、
もうひとつすばらしいコラムを紹介します。

リリーフランキーさんがつくっている
ロックンロールニュースにあるシナモン日記というコラムの
vol.2です。

すごく勇気のでるコラムなので、TCCとは関係ありませんが、
ぜひ読んでみてください。アドレスも載せておきます。(のせていいのかな?)

http://www.lilyfranky.com/lilyfranky/archives/2003/05/_vol1_1.html

です。以上ッス。

NO
年月日
名前
5061 2021.01.19 三島邦彦 言葉が鍛えられる場所
5060 2021.01.18 三島邦彦 阿呆の逃亡
5059 2021.01.15 嶋野裕介 セミになった妻
5058 2021.01.14 嶋野裕介 「PRコピー」の話❷ TCCにも「PRコピー部門」とかいかがですか?
5057 2021.01.13 嶋野裕介 「PRコピー」の話❶ TCCはPRにも向いている
  • 年  月から   年  月まで