リレーコラムについて

LPの病。

藤本英雄

今日はいよいよ決戦の日。
結果次第でいろんなことの流れが決まる、大事な大事な大事な試合です。
午後7時半以降は使い物にならないでしょう。
応援に魂込めるためにも、朝のうちに書いてしまいます。

コラムも3日目。
どうでもいい人にはどうでもいい話を続けているんですが。
こうなったらもう今日も音楽つながりでいこう。

高校生になった僕は、貸しレコード屋のアルバイトを始めました。
とにかくたくさんレコードが聴きたかったから。
当時はレコード一枚聴くのって大変だったんです。
高価だったし、友達と貸し借りしても聴ける枚数には限度があるし。
そのバイトはよかった。とにかく聴きまくり。
日本で発売されたアルバムはほぼ全部聴いてましたね。
そこには何人かバイトがいて、それぞれがなんとなく担当分野を持っていました。
ヘビメタ担当。ジャズ・フュージョン担当。黒人音楽担当。
そして僕はニューウェーブ担当。
でもみんな仲が良かったから、ジャンルの垣根なく何でも聴きました。
だから詳しいですよ、あの頃のヘビメタとか、ブラコンとか。
で、その店は輸入盤とかも置いてたから、週一くらいで買いに行くんです。
タワーレコードとかシスコに。輸入盤屋なんてそのくらいしかなかった。
そして、店に出す前に全部カセットに録音です。
ホントは全部レコードで欲しかったけど、
1枚買うお金で10枚聴けるんだから全部カセットです。
レコード盤が欲しい気持ちは、その後、自分で稼ぐようになってからかなえました。
CDに切り替わろうとする頃、レコードが二束三文で売られている時期があったんです。
300円とか500円とかで、欲しかったレコードをガンガン回収しました。
安いのは、うれしいような悲しいような気持ちでした。

僕は今でもレコード屋って言っちゃいます。
その方がなんかしっくりくる気がします。
いまだにレコード屋って呼ぶ人がけっこう多いと思うんですが、
若い人たちはそのことをどう思ってるんでしょうか?

集まったレコード達は、今ではほとんど聴きません。
CDやiPodが中心になってしまいました。
実家からはレコードなんとかしろと言われ、
今の家でも収納に困ってはいるんですが、今後も捨てることはできないでしょう。

藤本英雄の過去のコラム一覧

1368 2005.02.10 Wの病。
1367 2005.02.09 LPの病。
1366 2005.02.08 ♪の病。
1365 2005.02.07 FRFの病。
NO
年月日
名前
4972 2020.09.28 玉川健司 中村さん
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
  • 年  月から   年  月まで