リレーコラムについて

ゼリー

小川英紀

「それじゃゼリーぬります」というお医者さん言葉で、

恥じを忍んでおしりをちょいとつきだす。

いよいよ大腸検査のはじまりだ。

ぬりますっていうから、あの、その、周辺にね、

ぬると思うじゃないですか。周辺に。

それがいきなりズブリとくるもんだから、ウウォ!と

声を出してしまいました。

そのショックもさめやらぬうちに、今度は

カメラがぬるりと入ってきました。もーダメ。

あとはお医者さんにされるがまま。虚脱状態。

モニターにうつる自分の大腸を、あら、きれいな

ピンク色、なんて思いながら

ぼんやり眺めておりました。情けない。

「もー終わりますから」というお医者さんの言葉で、

ふと我にかえります。

でもここからが痛かった。なんでも穴を裏側から

見るために、カメラの先っちょをグイとまげるんだ

そーで、これが痛い。そりゃーもー大きな声で

痛いと叫んでやりました。それでも先生容赦しない。

グイグイときます。バカヤロ。

まだ正式な検査結果は出ていませんが、

みなさんも体を大事にしてくださいませ。

小川英紀の過去のコラム一覧

0127 2000.01.28 オートバイ
0126 2000.01.27 花粉
0125 2000.01.26 ゼリー
0124 2000.01.25 ねずみ
0123 2000.01.24 どぶ
NO
年月日
名前
5010 2020.10.31 千の風になって
5009 2020.10.29 古屋彰一 網下着おじさん
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
  • 年  月から   年  月まで