リレーコラムについて

三発目「黒」

佐倉康彦

今から20年ほど前、
黒に取り憑かれた時期がある。
それもテッテー的に。
それは洋服に留まらなかった。
当然、部屋も真っ黒け。
黒いブラインド、黒い冷蔵庫、黒いテーブル、
黒いシステムキッチン、黒い食器、黒い便器、
黒いクローゼット、黒いカーペット、黒いシーツ、
黒いベッド、黒い単車、黒いティッシュBOX,
黒いクルマ、近所で手なずけたノラ猫も黒。
既製品がなければ、
カッティングシートやペイントスプレーを
買ってきてD.I.Yして黒に変えた。
もうマジでビョーキだったんだと思う。
黒しかクローゼットに掛かってないから
それを毎朝、右から順番に着ていく。
帰ってきたらその日に着たスーツは左側に掛ける。
だから、ヘビーローテーションの服なんてなかった。
シャツも同じ有り様だった。
御用聞きのクリーニング屋の兄ちゃんに、
黒ばかりのスーツを5,6着預ける。
クリーニングされて帰ってくると
ジャケットとパンツが間違った組み合わせになってる。
同じブランドのモノばかりだったから、
そのたびに、自分でタグを見て品番、素材などを
照らし合わせてセットアップし直した。
それも苦ではなかった。ぜんぜん平気だった。
そういえば靴下の洗濯にも手こずった。
ぜーんぶ黒だから、洗濯するとどれがペアか
一見すると判別できない。
パズルのようにリビングに並べて、
時間を掛けて靴下のペアをつくった。
黒に囲まれていると、激しく安心した。
なぜ、そんなふうに狂っていたのか。
理由すら忘れてしまったけれど、
そこまで血道をあげられるものが、今、自分にあるのか。
考えると、ちょっと狂ってみたくなる。

「自分に自信のない人って黒を着る」
ある人に言われたひとことが、今さらながらしみ入る。
まあ、それはそれ。

NO
年月日
名前
4974 2020.09.30 玉川健司 新居は六本木
4973 2020.09.30 玉川健司 ずっと福岡にいるものと思っていたのに
4972 2020.09.28 玉川健司 中村さん
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
  • 年  月から   年  月まで