リレーコラムについて

舞台の上のトマト

秦久美子

16歳~18歳まで、吉本興業のNSCという養成所に通っておりました。

といっても、一般的に知られている「お笑い」コースではなく、歌とダンスを勉強する
今はなき「歌組」というコースです。
お笑いコースの同期でいうと、ジャルジャルさん、銀シャリさん、アキナさんなどがいます。
(といっても、別に当時面識があったわけでは、ない。)

ビヨンセやクリスティーナアギレラのようなDIVAになりたかったティーンの私は、
何を血迷ったか
月謝が安いのと、「吉本」という関西における圧倒的なネームバリューに引かれ、
高2の春、NSCの門を叩きました。
(今もしあの時の自分に会えたら、もっと別のレコード会社のオーディションとか受けろとアドバイス、したい。)

当時、NSCには夢を追いかける素敵な仲間がいっぱいいました。

何十人もの個性的すぎる人達の集団の中で、
ひときわ異彩を放って目立っていた女の子が、1人いました。

「トマト姫」です。

歌組では本名で活動する人がほとんどの中、
トマト姫だけが自分に芸名をつけて、アーティスト活動をしていました。

ちなみにトマト姫は、トマト星のお姫様らしく
リコピンビームでみんなを元気にするそうです。

まだ、こりん星から別のお姫様が襲来する前のことです。

当時の私からは、彼女はとても異質でアウトロー的な存在に見えていたのですが、
今思うと、すごい。

きちんと自分の存在をみんなと差別化して、明確にブランディングすることができている。

だって、仲良い子以外にいまでも名前覚えてるの、このトマト姫、だけ。

「わたしは正統派でやりたいから、本名でいくもん!」
って思ってた当時のわたしに、バックドロップですね。

そのあと、何年かしてトマト姫が関西ローカルの有名TV番組に出演していて、
とてもうらやましかったのを覚えています。

そんな私は何年か前から、広告の仕事以外に趣味で
「はたルーシーくみこ」というミドルネーム入りの名前で絵を描いたり、作詞をしたりしています。

飲み屋でのあだ名も「ルーシー」です。

ある日、いきなりふと、自分に芸名が欲しくなって、勝手につけました。

DIVA→コピーライターという、また違った土地にたどり着きはしましたが、
もしかしたらいまだ無意識の中で、10代のあの頃の忘れ物を
必死で取り戻そうとしているのかも、しれません。

 

NO
年月日
名前
5169 2021.09.16 安達 岳 コピーライターになった日。
5168 2021.09.15 安達 岳 コピーライターになる10年前
5167 2021.09.14 安達 岳 コピーライターになる28年前
5166 2021.09.13 安達 岳 コピーライターになる2年前
5165 2021.09.11 戸澤 麻里子 ロマン・技術・執着心
  • 年  月から   年  月まで