リレーコラムについて

第1話:エンヤ婆の言葉

山際良子

空気を吸って吐くことのように!
HBの鉛筆をベキッ!とへし折る事と同じようにッ
できて当然と思うことですじゃ!

荒木飛呂彦先生作
『ジョジョの奇妙な冒険』より

空条承太郎が主人公の第3部スターダストクルセイダース。
宿敵DIOがとある能力を初めて発現させる場面で、
DIOの側近の一人、エンヤ婆が放った台詞です。

―――――――――――――――――――――――――――――――

エンヤ婆がいなければ、
私は一生TCCに手が届かなかったと
言っても過言ではないのだッ!

というのも、約1年前のちょうど今頃。
受賞作となった西武・そごうさんの
お正月広告のコピーを書いていました。
「さ、ひっくり返そう。」のキャッチコピーは確定。
キャッチに対し、語り手の視点を変えつつ
3パターンのボディコピーを用意していたところ、
CDから「逆から読むと意味が反転するやり方ってあるよね。
そういうのが1案あっていいかもよ?」と一声あり、
「じゃ、やってみま〜す」くらいの感覚で
初稿はバーッと2時間弱で書き上げました。

幸いなことにクライアントも面白がってくれたのですが、
「社内でいろんな人に見せたんだけど、
半分以上の人にわからないって言われて…」と戻しが。
た、たしかに、途中で何回も意味が反転するし、
結局ネガなのかポジなのか何だかすっきりしない。むむむ。

で、当然、修正するわけですが、
「でも1文字動かすとこっちが成立しなくなって
えっとこれは入れ替えても大丈夫で、いや、大丈夫じゃなくて……
ンアーーーーーーーーーー!!!!!」

当初、考えていたよりもだいぶ難儀かもしれん
と気づいても後の祭り。
※世に出たボディコピーは11行ですが、初稿は19行ありました。
接続詞もやたらに多く、言い回しも複雑。
あまりに単純だと驚いてもらえないと不安だったのです。

修正を繰り返す日々、ささやかな楽しみは、
アプリの少年ジャンプ+で復刻連載されていたジョジョを読むこと。
逆読みに四苦八苦していた私は、
エンヤ婆の台詞にドスゥッと射抜かれたのです。
昔、読んだときはさほど気にも留めていなかったのに。

それからというもの、逆読み以外でも、
仕事で追い込まれて心が砕けそうになると
私の頭の中のエンヤ婆が
「できて当然と思うことですじゃ!」と囁き、励ましてくれ、
入社以来最高に忙しかった年を乗り切れたのですじゃ!
(我ながらどうかしてる)

ジョジョは名言の宝庫ですし、
独創的な擬音表現が有名だったりしますが、
HBの鉛筆の他にもあの手この手で繰り出される
比喩表現も魅力です。
「なるほど!」と納得するものもあれば、
「ん!?」となるものもあるのですが、
だがそこがいい。
ページの隅々にまで、
誰とも同じじゃあない言葉が満ち溢れている
荒木先生のセンスとサービス精神たるや!

長くなってしまい、すみません。
私の無駄無駄無駄な駄文はさておき、
ぜひジョジョを読んで黄金体験を!!
※漫画はちょっと入りにくいという方は、
アニメがおすすめです。
「オラオラ…」の数や「だッ」の「ッ」の発音まで
原作の言葉を忠実に再現することに
こだわられていて素晴らしいです。

―――――――――――――――――――――――――――――――

私を月曜早朝6時にコンビニへ走らせる作品から次回、
『気楽に復讐を!』

です。
よろしくお願いします。

NO
年月日
名前
5066 2021.01.26 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/デパート
5065 2021.01.25 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/電車
5064 2021.01.22 三島邦彦 猫と薪ストーブ
5063 2021.01.21 三島邦彦 方法のかけらたち
5062 2021.01.20 三島邦彦 日本宴会芸学会
  • 年  月から   年  月まで