リレーコラムについて

炊きたての「雪若丸」に、餃子をワンバン。

吉田早苗

山形のブランド米「つや姫」のご縁で、

「つや姫」の弟となる新ブランド「雪若丸」の応援をしています。

   

「林修のニッポンドリル」という番組の

『一番美味しいブランド米を林先生が全795種類から厳選!』という特集で

〈 弾力がある 〉〈 ルーに溶けない 〉〈 ルーにのまれない 〉

〈 カレーとお米があわさって、それぞれがおいしい主張 〉などの解説つきで 

見事「雪若丸」が『日本一・カレーによくあうブランド米』に輝きました。

そして、ホンジャマカの石塚英彦さんが「まいう~」と「雪若丸カレー」をぺろり。

   

粒立ちがよく、大きくしっかりした粒感

適度な粘りとあっさり上品な味わい

おいしい弾力は、まさに《 新食感 》と言われています。

   

外周がしっかりしているごはんなので

お米がつぶれることなく

チャーハンがパラパラにできる

  

証拠写真というか、アルケッチヤーノの奥田政行シェフが

つくってくださったチャーハンの画像。

炒めたごはんの粒が、むっちりプリップリ。

 

 

 

 

 

 

 

粒が大きいお米なので

おむすびにすると、米粒たちが空気をうまく抱えて

ふんわり、おいしくできる!!

  

しっかりした弾力と粒立ちで、

丼にすると、真価ともいえる実力を発揮。

つゆだくにしても、丼の底までごはん粒が崩れず、つゆの通りもよくて、

牛丼、天丼、かつ丼、親子丼、うな丼・・・

どにかく「ドンブリ」がベチャベチャにならず、とびきりうまい!!!

 

あっさりした味わいは、どんなおかずも引き立てて

ピカピカの炊きたてごはんの上に、

おかずをワンバウンドさせて食べる幸せ~

餃子をワンバウンド

カルビをワンバン、ロースをワンバン!!!!

  

田中圭さんが「雪若丸」のTKGをワシワシ食べるCMにほれぼれと。

田中圭さん、放つオーラがハンパない。

みんなのいる場所が500ルクスぐらいとしたら、

田中圭さんのまわりだけ、100,000ルクスって感じの輝き。

そのうえ、金と銀の粉がキラキラと降り注いでいるようなきらめきが。

  

同じ人間なのになぜ?

  

追伸、

アルケッチャーノの奥田シェ政行シェフが考案した、オイルと塩の握り鮨。

すべてに醤油の味が添えられるお鮨に、まったく新しいおいしさの発見。

ネタに薄く薄く塗ったオリーブオイルやアボカドオイルと岩塩や月山の塩が

素材の旨味を引き出して、ネタがカルパッチョのよう。

(M-1で突っ込まない突っ込み、発明・発見があったペコパに似てる?)

 

  • 年  月から   年  月まで