リレーコラムについて

求人広告でTCCを目指してる方へ

鈴木宏明

ベールに包まれた(?)TCC審査会。
ことし、新人部門の最終審査に、
サポートスタッフとして参加させていただきました。
そこで、ちょっとした衝撃を受けたお話を。

(注)
ここからは求人広告の世界にいる、
ごく一部の人にしかわからない話になります。
すみません。

僕がサポートしたのはWeb部門とか混合部門。
応募作品が順番に流れていく中で、
ある人の作品が、強烈な異物感を放ってました。

それは、リクナビNEXTという
転職サイトに掲載された求人広告。
うろ覚えですが、応募作はすべて、
N2とかのフォーマット原稿だった気がします。

僕はそれまで、
「リクナビNEXTでTCCなんてありえない」
と思ってました。

フリーフォーマットのN5ならまだ、
パッと見で伝わる広告にはできる。
(キャッチ+ビジュアル+ショルダー+ロゴだけ、みたいな)
でも定型フォーマットの原稿の場合、
社名とか募集職種とか、そもそも構造的にわかりにくい。
(=何の広告かわかりにくい)
だからコピー賞の審査では、圧倒的に不利。
出してもスルーされるのがオチだろうと。

でも、そうじゃなかったんですね。
審査員のみなさんは、ちゃんと見てくれている。
いいコピーは、ちゃんと評価してくれる。

で、何が言いたいかといいますと、
いまシコシコとリクナビNEXTをはじめとする
Webの求人広告をつくってるみなさん、その仕事、
ノーチャンスじゃありませんよ! ってことです。
僕が見たその作品は、残念ながら新人賞を逃したけど、
ぜんぜん可能性ありますよ、と。

来年のTCCの締め切りまであと3ヶ月ちょい。
求人なら、ここから数十本は世に出せるはずです。
ぜひ、出品するつもりで、やってみてください!

ということで、岩田さんからバトンを受けました、
2017年度入会の鈴木宏明です。

去年まで約15年、リクルートの代理店で
コピーを書いていました。
なのでぼくのコラムでは、いま求人広告の世界で
TCC目指してがんばっている方々に、
何かしら役立つ情報をお届けできればと思ってます。

が、今日の話でほぼネタ切れなので、
あした以降は何の役にも立たないコラムになる予感がします。

ともあれ1週間、よろしくお願いします。

NO
年月日
名前
4918 2020.07.10 杉山恒太郎 CallitCovid19 コビッドナインティーンと呼ぼうよ!
4917 2020.07.07 杉山恒太郎 変わること、変わらないこと
4916 2020.07.06 杉山恒太郎 おかえり GINZA
4915 2020.07.03 山根哲也 零度目のバトン
4914 2020.07.02 山根哲也 何度目かの春
  • 年  月から   年  月まで