リレーコラムについて

東京は案外、砂漠ではない。

米村大介

廣畑さんからバトンを受け取りました!

米村大介です。

今週一週間、よろしくお願いします。

 

四月末に連絡を受けた時には、

「バッチこーい!よろしくお願いします!」

と快く引き受けましたが、、、、

ときは五月八日。GW明け。

正真正銘の五月病であります。

今日は何をするにも初動が遅く、、、昔のmacのように起動が遅い。。。

何を書くかも決めておらず、抜け殻のような僕ですが、

サボらず書いていきたいと思います!

 

GWと言えば、、、去年のゴールデンウィークは、

ぼーっと仕事ばっかしていて、何の予定も入れてなくて、

「あーどうしよう」と立ち上がったら、腰がピキッと静止したのである。。。

「GWというか、ギックリ腰WEEKだよね」と、ソファでじっと過ごしたなぁ去年・・・

なんて思い出していたら、、、ピキッ・・・と来た。

 

いや、未遂だ。

プロレスで言えばカウント2.9だ。

ギック・・・あぶない。

えー?そんなタイミングってあるー?ちょうど一年?うそー。

なんて思いながら、、、

「ギックリ腰はくせになるよー」

「ギックリ腰には予兆があるんだ」

とかアドバイスをくれた諸先輩の声がリフレインする。

 

というわけで、ギック腰のため、近所をウロウロお散歩だけするのGWになった。

おじぎができない。靴紐結べない。100円落としても拾えない。

けれども、よくしたもので、「ぎっくり腰ぎみなんですよー」と人に話すと、

リタゲバナーのように、みなさん情報をくれる。

「あの整骨院がいいですよー」「あの入浴剤がいいですよー」「いいストレッチがありましてね!」

とかとか・・・。聞いてないけど、ありがたい!あたたかい!ほっこりします。

 

そしてふと、こーいうことがあったことを思い出しました。

 

学生時代を九州で過ごし、社会人になって初めて東京へ来た僕は、

アトピーになった。(正確に言えばアトピー性皮膚炎を発症しました)

梅雨のとき、二週間分のTシャツを部屋干ししてたら、ダニが大量発生したのか、

全身がかゆくなり、それがなかなか治らなくって・・・。

 

わかりやすい性格のぼくは、布団をダニを0%にするとかいう布団に変えたり、

洗濯機を買い替えたり、服を全部捨て、「保湿」という言葉を初めて覚えて

肌にやさしい化粧水とか使いはじめたり。。。

 

周りに、「アトピーになったんです」と言うと、、、

ほんといろんな人が心配してくれて、いろんな助言をしてくれた。

 

「あの皮膚科がいい」「あの化粧水がいい」「あのクリームがいい」

「あの栄養ドリンクがいい」「毎日⚪︎⚪︎を食べたほうがいい」

 

ひとつも試してないけれど、、、とにかくみんなあたたかい!とほっこりしたことを思い出す。

 

皮膚科を7回変えて、、、

たまたまインフルエンザ予防接種を受けに行った内科の先生が

「アトピー大変ですね。もし今通ってるところがうまくいかなかったら、

一度受診してみませんか?ぼくもアトピーだったんです。ほら、これが二年前のぼく」

と言って、ひどかったときの画像を見せてくれた。

 

結果、そのとき通っていた「かゆくてもガマンしろ!主義」の皮膚科とはうまくいかなくなり、

その内科に通った。「無理しなくていいんですよ。フライドポテトは月一回。

アイスも月二回までなら食べていいでしょう」と言われた。

ローソンをナチュラルローソンに変えたりして、ぼくも努力しているんですよ、と

伝えたが、それはあまり意味がないとハッキリ言われた。

 

でも、結果的に、今も、その内科に通っているんだよなぁ。

長いことアトピーは落ち着いているけれど、

花粉症の時期はちょっとつらいので薬をもらいに。

 

この時学んだのは、アトピーとは、原因不明だから、アトピー性と呼ぶこと。

 

もう一つは、

 

東京は案外、砂漠ではない。

 

 

ということだ。

 

 

上京するか悩んでいた、九州時代のぼくに教えてあげたい。

 

「東京の焼き鳥屋には豚バラがない」とか、

「東京のうどんはスープが濃い」とか言われて、

「まじかー・・・」と落ち込んでいたあの頃のぼくに。

 

 

東京は案外、砂漠ではない。

 

 

 

明日もサボらず書きます。

 

 

 

NO
年月日
名前
5723 2024.07.21 権八成裕 俺、実は、CM一個考えたんだよ 〜あやしいバイト・後編〜
5722 2024.07.21 権八成裕 あやしいバイト 〜前編〜
5721 2024.07.18 権八成裕 ぼくが生まれてきた理由
5720 2024.07.18 権八成裕 20年ぶり2回目
5719 2024.07.12 吉兼啓介 短くても大丈夫
  • 年  月から   年  月まで