リレーコラムについて

寿ビデオマイスター

中川賢太

今日で最終回となります。中川です。
つい先日36歳になってしまい、結婚式に呼ばれることも
グンと減ってしまいましたが、若い頃は呼ばれる結婚式のほぼすべてで、
お祝いのビデオ、通称「寿ビデオ」を作ってきました。

その数、これまでに50本超。シンプルなプロフィールから、
ドラマタイズされた長尺まで種類は様々。寿ビデオの良い所は、
何と言っても、会場において視聴率100%の状態で、超真剣に見てもらえ、
さらに、笑い・涙など感情のハードルが低い所です!

普段、長尺のCMであっても、世の中をゲラゲラ笑わせるのはなかなか至難の技。
しかし、式場では違います。酒が入っている観客たちは、もはやザル。
なんなら、新郎新婦が映像内に登場するだけで笑います。
こんなに目の前で聴衆の反応が見られることも、CMではありえないこと。
ここでバカ受けした日には、その日はヒーロー扱いされますから。

ちなみにちなんじゃうと、僕は今の奥さんと寿ビデオが縁で出会いました。
同期女子の為に作った寿ビデオが大変評判が良く、あんな素敵なものを作る人は、
大層素敵な人なのだろうということで、あれよあれよと今に至ります。

最近は、ビデオと披露宴での出し物を掛け合わせた、
デジタルとリアルの融合系に主にトライしています。
近年の名作は、「世界一いらない引き出物」という企画。

新郎新婦に大量のコスプレをさせて、スタジオ&ロケで写真を撮りまくります。
その撮影の様子をビデオとして流し、何のために撮ったのかは明かさずに終了。
いざ、会場では、その写真で作ったトレーディングカードを引き出物として配ります。
この際、事前に引き出物袋の中に仕込んでおきつつ、ビデオ上映後に、
「もう、みなさんの袋に入ってます」と伝える感じです。

この企画の良き点は、
・やたらクオリティ高い写真で笑えるが、まったく要らない感
・カードは複数パターン用意しておき、周囲の人と比べたくなる感
・新郎新婦にしてみると、結婚の思い出写真が大量に撮ってもらえるラッキー
・写真撮影に両親を呼ぶと、さらに思い出に残ってよし
などなど、1度で何粒も美味しい企画です。

あまりに受けが良いゆえに、すでに4度企画を使い回してしまいましたので、
そこはちょっと反省しています。ただ悩ましいことに、僕は常に新しい企画に
チャレンジしたいものの、クライアントである新郎新婦にとっては一生に一度なので、
新しすぎる必要がないという所ですね。

という訳で、長くなりましたが、寿ビデオを作ると、
誰かのために映像を作る喜びという原点に立ち戻ることができ、
とてもおすすめです。という話でした。

そして、4回しか投稿できませんでしたが、私、中川のコラムは、
本日が最終回になります。次回からは、直属の上司であり、大先輩の阿部光史CDです。
10年以上書いてないと仰っていたので、たくさん書くことが溜まっていると
思われます。みなさま、お楽しみに。読んでいただき、ありがとうございました!

NO
年月日
名前
4918 2020.07.10 杉山恒太郎 CallitCovid19 コビッドナインティーンと呼ぼうよ!
4917 2020.07.07 杉山恒太郎 変わること、変わらないこと
4916 2020.07.06 杉山恒太郎 おかえり GINZA
4915 2020.07.03 山根哲也 零度目のバトン
4914 2020.07.02 山根哲也 何度目かの春
  • 年  月から   年  月まで