リレーコラムについて

寝るときはパジャマを着た方がいい 〜あるいは、異なる業種との向き合い方〜

大友美有紀

こんにちは、サン・アドの大友美有紀です。

リレーコラム3日目です。

1日目のタイトルが素っ気なさすぎて、

2日目に長めのタイトルにしたら凝りすぎて、

3日目はわかりやすくしようと目論みました。

 

で、パジャマです。

家に帰ると部屋着と称するもの、

Tシャツとジャージ的なものに着替えて、

家事にいそしむのですが、たいてい、そのまま寝てしまいます。

しかし、無印良品などに行くと「パジャマ」が売っています。

二重ガーゼで脇に縫い目のないパジャマ。

横になった時の心地よさを考えてくれているようです。

そんなことまで考えてパジャマというものを作っているのか。

 

パジャマ、寝るときだけ着る服。

寝るときは、やはりパジャマを着た方がいい、と

誰かがテレビだかコラムだかで言っていたような気もする。

 

で、パジャマを購入したんです。

 

ところがですよ、

さあ寝ましょう、という時に着替えるのがめんどうで仕方がない。

かといって、家に帰ってすぐパジャマを着るのは、

いきなり「本日は閉店」という気持ちになるので、なんにもできなくなる。

それでは、と帰って着替えずに、玉ねぎをみじん切りにすると

お洋服にオニオンフレグランスがついてしまう。

ON→ONOFF→OFF

オンからオフの間の「オノフ」がほしい。

オノフ状態になるために部屋着になります。

ほんとうは、パジャマに着替えて眠りたいんだけど

「オノフ」からずるずると「オフ」モードに入ってしまう日々です。

 

規則正しく暮らしているみなさんは、そんなことないと思います。

眠りと向き合って、きちんとパジャマを着て寝てらっしゃることでしょう。

向き合うといえば、

TCCには「ことばみらい会議」というトークイベントがあります。

TCC会員であるコピーライターたちが

異業種のプロフェッショナルと向き合って、

「ことば」を軸に語り合うのです。

昨年は「未来に言葉と勇気を」をテーマに11月24日に開催しました。

https://www.tcc.gr.jp/topics/2019/10/122420/

(イベントは終了しています)

 

異業種の方と向き合うと、新しい発見があります。とても刺激になります。

向き合うって大切だな、目を背けてはいけないなと心の底から思うのです。

今夜はパジャマで眠るかもしれません。

 

イベントは終わってるし、あんたのパジャマなどどうでもいいし、

なんのためのコラムじゃ、とお怒りになる方がいるかもしれませんね。

そのような気持ちになった時は、TCCサイト内の「TCC会報出張所」で

2017年の「ことばみらい会議」の対談をお読みください。

《対談》トークイベント「TCCことばみらい会議」第二夜・第4部

TCC会員の篠原誠さんが堀江貴文さんと向き合っています。

とても読み応えがありますので、眠れない夜に読んでいただくといいと思います。

 

眠りと向き合う話から、「ことばみらい会議」に

無理矢理つなげた感はありますが、

こんな異業種の人と向き合ってほしい!

次の「ことばみらい会議」楽しみ!

など、ご意見、ご感想、ご声援などありましたら、

大友かTCC事務局まで。

 

今日のコラムの中で、ひとつ嘘をつきました。

玉ねぎのみじん切りなんて、10年ぐらいやっておりません。

 

では、また明日。

  • 年  月から   年  月まで