リレーコラムについて

好きなことがなくても、食べていきましょう

小野麻利江

小野です。

前回は、大好きな米田さんのコピーについて

書き散らかしましたが、

実は、「自分はコレが激しく好き!」という情熱を

ほとんど持てずに生きてきた人間です。

 

広告業界、多いですよね。

ロックが好き。ヒップホップが好き。EDMが好き。

サッカーが好き。野球が好き。サーフィンが好き。

アイドルが好き。お笑いが好き。アニメが好き。etc.

「コレのことなら任せろ!」というブランディングとともに、

自分の「好き」を仕事にしていく先輩・同輩・後輩たち。

 

昨今、多くの人が「好きなもの・こと」で繋がり

ビジネスチャンスもそういう所に生まれがちですし、

好きなものが分かりやすいと、キャラ立ちしますよね。

(キャラ立ち・・・好きな言葉じゃないけど)

 

そういう人々がもてはやされる現場に直面すると、

「自分もなにか、激しく好きなジャンルを持ったほうがいいのかなぁ」

という、空気&コンプレックスを感じるんですが、

以下の理由で尻込みしたまま、部屋の隅で震えていました。

 

①そもそも、自分が好きになるものに自信が持てない

(自分が好きなメロディーライン、イケてる人からすると絶対ダサい・・・

という強迫観念がある。その他のジャンルについても同様)

 

②自分がおすすめしたものを、他の人がハマってくれた成功体験が少ない

(その割に、借りパクは多いんだよなぁ・・・関係ないけど)

 

③「コレに時間かけても、誰かの共感を得られるかな?」とすぐ冷静になってしまい、

加えて、35歳を超えて、ただ何もせず寝ていたい。

(本当の「好き」にはそういう損得勘定、無い筈ですけどね)

 

④「●●好きなんですよー」と言うと「じゃ、▲▲見た?」と返されて、

前述の③によるツケが来て、大抵そこまで掘れてないのが露呈するので、言いたくない

(特に「映画好き」「ジャズ好き」とは目を合わせないようにしています)

 

⑤以上4つの理由から「好き」を流暢に語れず、結果つまらなそうな語りになり、

その場が明らかに白けた経験、多数

 

 

つらいです。私だって、何かを堂々と愛したいですマジで。

 

(ちなみに、上記を挙げながら、

「人間に興味はあるが、あまり好きではない」

「長時間関わっていると疲れるので、他人と一定の距離を置きたい」

「寂しさを感じない程度に孤独でいたい」

といった地味に面倒な性質が、根本的な原因だな・・・と、徐々に気づきました)

 

 

でも、好きなもの・ことがなくても

面白い仕事に関われるし、

「好き」を起点にした仕事にも関われる!と言いたい。

 

そのために私が編み出したのが、以下です。

 

・「好きなことがあって滅茶苦茶楽しそうな他人」を研究し、なりきる

心の中で「他人のコスプレ」をします。

他人の「好き」を借りれば、「知見が足りていない」等の理由で

自分が傷つくことはありません。

コピーや企画で培った想像力・妄想力が役に立ちます。

 

・「好きなことがあって滅茶苦茶楽しそうな他人」に仕事をもらう

こういう人の周りには仕事のチャンスが転がっているので、

上記の「他人をコスプレする能力」を使って、チームへの貢献を目指します。

 

そして、他力本願以外の手法で言うと・・・

 

・「自分の中でゆずれないこと・嫌いなこと」を、なるべく面白く語れるようにする:

加点からではなく、減点からの自分探しを行います。

ただし、「嫌いなこと」をそのまま出すと聞いてくれる人がつらいので、

なるべく面白く表現するように心がけています。

コピーや企画を世の中に伝わる表現にする際の、「磨く力」を活用します。

 

以上、文字にすると気持ち悪いうえ

別に偉そうにお伝えする内容でもないのですが、

 

もし私と同じように、

好きなことに出会えず、好きなことを語るのが恥ずかしい。

そんな慎み深い人がいたら。

 

「他人のコスプレ」をしたり、「自分の中でゆずれないこと」を北極星にしたりして、

 

好きなことがなくても、食べて!生きて!!いきましょう!!!

 

そんな気持ちを叫びたくて、今日のコラムを書きました。

 

 

 

なんだかビジネス書みたいになっちゃって、すみません。

 

NO
年月日
名前
4921 2020.07.15 細川直哉 旅・その2「ボーダーをまたぐ」
4920 2020.07.14 細川直哉 旅・その1「逆の視点」
4919 2020.07.13 細川直哉 旅立ち前夜
4918 2020.07.10 杉山恒太郎 CallitCovid19 コビッドナインティーンと呼ぼうよ!
4917 2020.07.07 杉山恒太郎 変わること、変わらないこと
  • 年  月から   年  月まで