リレーコラムについて

何を書こうか、考えながら書き出しました。

湯治健富

ども、電通九州の湯治健富(ゆじけんとみ)です。
お「湯」で「治」して「健」康に「富」むという感じで、
名前だけでも覚えて帰ってください。
和久田さんからのバトンを引き継ぎまして、今週を担当させていただきます。

その和久田さんのコラムの最後で
「湯治くんの方がよほど旅館の息子のような名前」と書かれてましたが、
以前、和久田さんからは

「湯治くんは(お湯を)使う方だけど、俺は沸かせる方だから!」

と温泉旅館のイメージは渡さない的な宣言をされました。
あと、今回のリレーコラムを依頼される時に、こんなチャットももらいました。

 

—————————————————-

いや、正直な話をするとよっしー(吉田くん)が一度受けてくれたんだけど、
引っ越しが落ち着く再来週がいいって言われ
永野さん北川さんには断られ
あ、山口いるじゃんって思ったらとってなくて
尾形さんだったらおもろいんじゃないかと思ったら、昨年ひっそり退会してて
あ、ゆじくんいるじゃん←今ここ

—————————————————-

 

 

正直すぎません?

 

「お前、5番目の彼女だからさー」って宣言された気分です。
嘘でもいいから、「お前だけだよ」って言ってよと。
「一番だよ」とささやいてよと。
なんか面倒くさい彼女みたいな気分にすらなってきました。
まぁ、別にいいんですけどね。

 

それはともかく、このTCCリレーコラムは、3回目の登場です。
1回目は電通西日本のクリエーティブ室にいたとき、
2回目は電通九州のクリエーティブ局ににいたとき
そして、この3回目の今は、おなじく電通九州なんですが、

 

インテーグレーテッド・ソリューション局IGプランニング室グロースマーケティング部

 

という部署にいます。
長いし、カタカナ過ぎてわかんないし。
ちなみに、名刺にはこの部署の後に
「兼 クリエーティブ・ディレクション部」と入ってます。
つまり、僕の名刺はこんな並びです。

 

—————————————————-
湯治 健富
インテーグレーテッド・ソリューション局
IGプランニング室
グロースマーケティング部
兼 クリエーティブ・ディレクション部
—————————————————-

 

 

全然、入ってきませんよね。

 

 

名前も部署名も、一発じゃ覚えられません。
ちょっとしたフックになる言葉とかなら、会話が盛り上がるかもしれませんが、
どこから突っ込んでいいかわからないので、
名刺交換の時はたいてい会話が生まれません。
たいていは名刺と僕の顔を交互に見られて、終了です。

 

というわけで、兼好法師ばりに徒然なるままに書いてますが、
今週のリレーコラム、何を書きましょうか・・・

 

もう自分については書くことはないですし、
辻中くんのように出向したこともありません。
和久田さんのようにマカオでブレストをしたこともありません。

 

いっそのこと、ガーシーチャンネルのように
広告業界の暴露をしまくる“ユージーチャンネル”をやろうかと思いましたが、
確実に消されますね。ドバイじゃなくて、日本にいるので。

じゃあ、身の回りにいるTCC会員の暴露ならいいですかね。

あの永野弥生さんが、突然マンションを購入した理由!
あの左俊幸さんがせっせと消すYouTubeの検索履歴!
あの北川譲さんがセクハラ発言をしまくった夜!
あの和久田昌裕さんが付き合ってた20歳の女の子!








あまり面白くないかもですね。
下手すりゃ、リアルに殴られそうですし。

では、逆に考えてみます。
うちの社内を見渡すと、上のようなTCC会員ではないCRがいます。
主に若手ですけど、彼らはかなり優秀なんです。
まだTCCデビューはしてない。けど、いずれ近いうちにTCCを席巻してもおかしくない。
そんな彼らを、ここで一足早く、TCCデビューさせてみる。
うん、悪くない。なんなら、結構いいかもしれない。

 

 

決まりです。

 

 

今週のリレーコラムは、「湯治が勝手に期待する電通九州の若手たち」をテーマに
一週間お付き合いいただきます。

悪口になるとパワハラで訴えられるので、
めっちゃ褒めようと思います。

NO
年月日
名前
5437 2023.02.08 坂本和加 「君はヘン」
5436 2023.02.07 坂本和加 「3冊目の本の話」
5435 2023.02.06 坂本和加 「変わらない言葉」
5434 2023.02.03 原麻理子 好きなコピー、気になるコピー
5433 2023.02.02 原麻理子 제 사랑하는 한국어(私の愛する韓国語)
  • 年  月から   年  月まで