リレーコラムについて

ラブレター④

山本友和

教壇に復帰して間も無く、ガンが再発する。

なんどか入退院を繰り返したのち、

市外の大学病院から、近所の国立病院に転院することになった。

 

僕はその理由を分かろうともせず、

日に日に弱っていく父にも気づこうともせず、

いつか退院して一緒に生活できることを疑わなかった。

 

死期が迫っていることを知らなかったのは、

家族でも僕一人だったと思う。

 

厳しい食事制限を無視して、

僕はこっそりチョコミントアイスを買ってきていた。

父はいつも一口しか食べないので、ほとんど僕が食べるのだけど。

 

そんな中、八月に容体が急変する。

担当医師から親族を集めるように言われ、

僕はその時、ようやく状況を理解した。

 

しかし、父は持ちこたえる。

医師も奇跡だと言っていた。

集まったみんなは、更なる奇跡を願った。

 

それから僕は、夏休みの補習も休んで、

父の病室で長い時間を過ごすようになる。

そして、命日となる九月二日を迎える。

 

 

 

慌ただしく葬儀を終えたころ、僕はようやく気づく。

なぜ「おはよう、今日は九月二日だよ。」と伝えた後に、

父の心拍数は下がり始めたのか。

 

やっぱり僕の父は、最高だった。

山本友和の過去のコラム一覧

4646 2019.05.17 ラブレター⑤
4645 2019.05.16 ラブレター④
4644 2019.05.15 ラブレター③
4643 2019.05.14 ラブレター②
4642 2019.05.13 ラブレター①
NO
年月日
名前
4652 2019.05.27 佐藤舞葉 3日目のカレー
4651 2019.05.26 野﨑賢一 すねている
4650 2019.05.23 野﨑賢一 器について
4649 2019.05.22 野﨑賢一 焼きそばをつくった
4648 2019.05.21 野﨑賢一 桑田佳祐になりたかった
  • 年  月から   年  月まで