リレーコラムについて

ラブレター③

山本友和

親が先生あるあるだと思うが、

父は声のでかい人だった。

年頃の姉たちは外出先で、よく恥ずかしがっていたし、

僕自身も少し恥ずかしかった。

 

そんな父は、ガンのため声帯を摘出する。

気道を確保するために喉元に穴を開けることになり、

声を出す以前に、呼吸も大変そうだった。

 

父の大声で満たされていた我が家は、急に静かになった。

僕たちは、寂しくて寂しくて大変なものを失ったことに気づいた。

そして、父は必死にそれを取り戻そうとしていた。

 

声帯を使わない発声法を何度も何度も練習し、

声を出す際に喉元の穴を塞ぐ器具を、研究室の工作機械を自作していた。

バルサ材で作ったものが一番いいと喜んでいたことを覚えている。

 

あらゆる試行錯誤を繰り返して、父はなんとか声を出せるようになった。

そして、父はもう一度教壇に立つことができた。

声を絞り出して、学生さんに授業を行った。

 

その日の夜のことをはっきりと覚えている。

父は珍しく喜びを隠さなかった。

顔を赤くしながら喜んでいた。

控えていたお酒も少し飲んでいたのかもしれない。

 

僕は、その時一緒に同じ分だけ喜べていなかった。

当たり前のように感じていたのかもしれない。

それだけ、僕の中で父は変わらず強い存在だった。

 

 

そんな言い訳をしても、後悔は拭い去れないのだけど。

山本友和の過去のコラム一覧

4646 2019.05.17 ラブレター⑤
4645 2019.05.16 ラブレター④
4644 2019.05.15 ラブレター③
4643 2019.05.14 ラブレター②
4642 2019.05.13 ラブレター①
NO
年月日
名前
4652 2019.05.27 佐藤舞葉 3日目のカレー
4651 2019.05.26 野﨑賢一 すねている
4650 2019.05.23 野﨑賢一 器について
4649 2019.05.22 野﨑賢一 焼きそばをつくった
4648 2019.05.21 野﨑賢一 桑田佳祐になりたかった
  • 年  月から   年  月まで