リレーコラムについて

バナナジュース

吉田洋晃

先日、東京メトロ表参道駅の改札前のDEAN & DELUCAで
待ち合わせのために時間を潰していたら、
素敵な会話に遭遇したので共有させて頂きます。

お昼のピークも少し過ぎて、
店員さんもホッと一息ついたくらいの落ち着いた雰囲気の店内。
表参道という立地柄、上品でおしゃれなお客さんが多い印象ですが、
一際目を引く気品溢れるお年を召した女性が一人で来店しました。

焼き上がったクロワッサンを満足そうに眺めながら、
パンコーナーをスルーして奥のレジに向かう上品なお婆さま。
レジの頭上にあるメニューをスッと指差したかと思うと、
店員の女性に尋ねました。

「あちらにあるバナナジュースって、どんな味かしら?」
「あれは…バナナの味ですね。」
「じゃあ、それにしようかしら。」

え?
何、今の会話…。

はじめに、どんな回答を想定して尋ねたのか全く理解できない最初の質問。
次に、接客業としてもう少し気の利いた返答は出来なかっただろうか、と思わせる店員の素っ気ない返し。
そして何より、質問前と質問後で何一つとして意思決定への参考材料が
提示されていないにも関わらず、何の澱みもなく「それにしようかしら」と
答えるお婆さまの決断力。

素敵すぎる。
お金を払いたい。代わりに。
バナナジュース代583円(税込)を。

企画はだいたい会社か家でしか出来ないタイプなのですが、
こんな素敵な会話に出会えるのであれば
喫茶店とかで企画するタイプのプランナーになりたい。
そんな風に思った昼下がりの出来事でした。

NO
年月日
名前
5437 2023.02.08 坂本和加 「君はヘン」
5436 2023.02.07 坂本和加 「3冊目の本の話」
5435 2023.02.06 坂本和加 「変わらない言葉」
5434 2023.02.03 原麻理子 好きなコピー、気になるコピー
5433 2023.02.02 原麻理子 제 사랑하는 한국어(私の愛する韓国語)
  • 年  月から   年  月まで