リレーコラムについて

コピーライターになった日。

安達 岳

学生のころは庭の勉強をしてました。

針金をねじねじして木に見立てたり、

断熱材をカットして模型とかつくってました。

 

そんな状態から、

半年ないくらいの研修をして(嗚咽するくらいツラかった)

なんとかコピーライターになった。

肩書きとしては。

 

いやほんとになんでなれたのだろう。

研修課題も、ビリから2番目とかだったのに。

 

配属されて名刺が配られた。

そこには「コピーライター」とかかれていた。

 

うきうきした。

 

はじめて名刺交換した日。

 

こわかった。

 

ぼくはコピーライターなのだろうか。

まだなにも書いてない。

書く技術もない。

 

あれ、、、、、なんだこれは……

え、お金もらっていいのだろうか

やばい。こわい。

 

その思いは1年ちかく、なくならなかった。

それどころか、

「見習いです」とか「勉強中です」とか

言うようになっていた。

 

なさけなかった。

 

そんなんじゃ、どう考えてもダメだ。

 

そんなとき、すきなマンガにこんなシーンが出てきた。

 

「役者には免許はない。なら何をもって素人とプロを区別する?」

「役者を名乗る覚悟があるかどうかだよ」

 

覚悟しようと思った。

 

いやマンガでかい!って思うかもしれないけれど。

 

すごく恥ずかしかったし、

しょうもない話ではあるけれど、

SNSの鍵をはずして、

名前の前に「コピーライター」とつけた。

(会社におこられないレベルで)

 

実力もつけなきゃと、コンペもがんばった。

 

会社で向いてないといわれたけど。

 

そんな時代じゃないよといわれるけど。

 

ぼくの名前は安達岳!

コピーライターだ!!

  • 年  月から   年  月まで