リレーコラムについて

コピーチャレンジャー!

黒澤仁

コピーチャレンジャーの黒澤仁と申します。

よろしくお願いします。

TCCの新人賞を頂いたのは2005年。

コピーライターになってから

7年9カ月のことです。この

7年9カ月の間、TCCと言葉に発しなかった

日は一日もありませんでした。朝起きた時、

会社でぼぅーっとしてる時、カラオケで

トイレに行った時、電車の発車ベルを聞いた

時、街で道を聞かれた時、愛を告白する時。

もうすべてがTCCだったわけです。また、

審査員が見やすいように丁寧にボード貼りを

するとか、搬入は誰かに任せてはダメだとか、

獲るまでは結婚してはいけないとか、

どこどこの神社にお詣りに行くといいらしいとか、

命懸け、願掛け、すべてやりました。それだけ、

TCCは僕にとって特別な存在だったのです。

もちろん、今も変わりません。

2021年、大変なことが起きました!

なんと、TCC賞を同僚の畠山侑子が受賞したのです。

Panasonicの「今日は、ノー残業デーです。

いつもママがお世話になっております」という作品です。

僕はどうリアクションしていいか、分からなくなりました。

そして畠山にちゃんとおめでとう、と言えていません。

TCC賞は、僕にとっては直木賞より、M-1より、

文化勲章より上で、まだノーベル平和賞を

受賞しましたと言われた方が「オマエ、ワリカシ

平和主義者ダシナ」とか言えそうな気がします。

なので、心の整理がぜんぜんつかないのです。

それと、おめでとう!というだけでは事足りず

パプアニューギニアの宴のように1週間ぶっ続けで

踊り、コピーの神様にブタの丸焼きを奉納するとか、

神レベルのお祝いが必要だと思っています。

ただ、無情にも時は過ぎ、今さら、本人に

その気持ちは伝えられないので、

ずっと目を合わせずにいます。(なので、

きっとアイツが読むことがない、このリレーコラムで

おめでとう!の思いを綴っておこうと思いました)

愛はこじらせると面倒くさいです。

しかし、僕の気持ちの中で、コピーチャレンジャー!

でいることの大切さを思い起こしてくれた受賞でも

ありました。おめでとう!

そして新たな勇気をありがとう!

 

さて、来週のリレーコラムは2005年新人賞の同期

横山慶太さんです。2005年春のTCC総会で出口に

一番近い一角でたばこを吸っていたのが横ちゃんです。

それから何年も毎週のように会っていました。

お茶だけでも500回は行っています。

僕の中でいちばん近い天才です。

横ちゃん、よろしくね。

 

 

 

 

 

  • 年  月から   年  月まで