リレーコラムについて

コトバのおすそわけ①

斉藤直之

みなさんこんにちは。
高田豊造さんからバトンをつないで頂いた
博報堂の斉藤直之と申します。
5日間、よろしくお願いいたします。

私は、コピーライターを
約23年間務めさせて頂きました。職業柄、というのもありますし、
もともと「コトバ好き」です。
特に、気づかなかった真実に気づかせてくれるような、
短いコトバが好きで、
見た映画や読んだ本、町で触れた広告、友達や家族の一言など、
「これ、面白い!アーカイブしたい!」と思ったものを、
ずっと、メモしていました。
その中からピックアップしたコトバを「コトバのおすそわけ」と題して
コラムにして、社内メルマガとして配信していました。

TCCの皆さんに、面白いと思ってもらえるかどうか、
わからないのですが(自信はないのですが)、今日から5日間、
その「コトバのおすそわけ」のアーカイブの中から
厳選5本を、ピックアップして(TCC向けに書き直して)
お届けしたいと思います。
読んで頂いたどなたかにとって、おいしい「おすそわけ」
となったら、これに勝る喜びはありません。

できるだけかざらずに、
あけすけにでなく、
声高にもならず、
笑いとやすらぎの中に表現すること。

『折り返し点』 宮崎駿

宮崎さんの表現論は、いつも単一の基準を示すのではなく
相手にものを深く考えさせる、でも納得のいくひとことです。
今日のおすそわけも、そんな中のひとつ。

広告は、かざり、あけすけにして、
声高に、その場の勢いで表現する、ことも多いです。

でも、本当に伝わる表現を考えていくと、
そうじゃない正解があったりすることは多いと思います。

あと、ジブリ美術館の企画書の文章「こんな美術館にしたい」は
ステートメントのお手本とも言える、わかりやすく感動的な文章です。

http://www.ghibli-museum.jp/kansyu/

新しい美術館をつくろうとした時の、理想とする思想を、
気持ちよく、ほんとうにわかりやすく伝えている文章だと思ったので、
おすそわけいたします。

 

NO
年月日
名前
4935 2020.08.05 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。  その2
4934 2020.08.03 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その1
4933 2020.07.31 久山弘史 「出塀六本木」のこと。
4932 2020.07.30 久山弘史 「出汁キメ」のこと。
4931 2020.07.29 久山弘史 「90キュロキュログラム級」のこと。
  • 年  月から   年  月まで