リレーコラムについて

アジフライ

岩田泰河

広告はアートじゃないし、

代理店のクリエイティブはクリエイターじゃないし、

つくった映像を「作品」って呼ぶのはエゴだし、

 

という、しばしばこの業界に向けられる指摘は

すべて正しいと思うのだが、

 

広告はロジックで、

代理店で働く人はすべてビジネスマンで、

売り上げや効率が良ければ正義で、

 

みたいなことを言われると、

ちょっと待てよと言いたくなる。

 

なぜそうなる?

 

話が極端すぎませんか?

 

美意識や倫理観はどこに行った?

というか、心はどこに行った?

 

食堂で出てくる定食に

心がこもってなかったら寂しいし、

服を買うときに

味気ない接客をされたら悲しいし、

 

すべての仕事には

ある程度の美意識や倫理観が

内包されているものではないのですか?

 

このアジフライは、

つくり手のコスト意識や生活を反映した

ビジネスの結晶であると同時に、

つくり手の倫理観や美意識も

感じられる味わいであると。

 

そういう話は認められませんか?

 

広告うんぬんではなく、仕事観の話として。

 

僕は、アジフライくらいの気持ちです。

岩田泰河の過去のコラム一覧

5335 2022.07.04 小川さん
5334 2022.07.04 音なしの動画
5333 2022.07.04 アジフライ
5332 2022.07.04 半人前
5331 2022.07.04 私の好きな言葉です。
NO
年月日
名前
5364 2022.09.17 宮坂和里 アイデアは自分の分身か否か
5363 2022.09.16 宮坂和里 素ってなんでしょう
5362 2022.09.14 宮坂和里 運動部不信仰
5361 2022.09.12 宮坂和里 視野が狭い
5360 2022.09.09 河内大輝 はじめて感謝したCM
  • 年  月から   年  月まで