リレーコラムについて

わがリクルート事件!

名雪祐平

ある朝、テレビをつけた。
NHKニュース。ヘリの空撮。ガラス張りのビルの映像。ビル側面に、カモメマークと「リクルート」と見えた。

何が起こった?
転職したばかりなのに!

リクルート事件勃発。不動産会社リクルート・コスモスの未公開株が政官財界にバラ撒かれた事件。竹下首相はじめ、中曽根前首相、のちに首相になる宮沢、橋本、小渕、森など40名以上の国会議員や、日経新聞社長、NTT会長、官僚が未公開株を受け取っていた。竹下内閣は総辞職。竹下秘書は自殺。政官財の数名と、リクルート江副会長逮捕。

もし、リクルート事件が半年早かったら、ぼくはコピーライターになっていなかった。たぶん、リクルートに転職しなかっただろう。事件はロッテでこりごりだった。

実はだまされて、コピーライターになった。それがよかった。

「デザイナー募集」に応募し、リクルート人材センターに入社して初仕事の日。一枚のシートを渡された。募集要項専用に設計された、とらばーゆの原稿用紙。そのマス目に、求人企業の募集要項を書けと指示された。「高卒以上30歳まで。未経験者歓迎」。これ、デザイナーの仕事?

戸惑いつつ、任されてどんどんコピーを書いた。はまった。でも自分が向いているか、上達しているか全然わからない。社内の賞にポツポツ入賞するようになった。褒め上手な会社。乗せられてがんばった。賞の常連になった。もしかしたら向いている? 無我夢中。書くことがいちばん楽しかった時代。求人広告は成功・失敗が応募数や採用数でハッキリわかるのがよかった。実験、工夫、研究、挑戦。試せるだけ試行錯誤。TCC新人賞をもらった。

独学だったが、リクルートにヨシ子さんという名物部長がいて、普通なら会えない、凄い人たちを勉強会に呼んでくれた。はじめは鈴木康之さんだった。コピーの講評までしてもらって、うれしかったなあ。それから土屋耕一さん、秋山晶さん、小野田隆雄さん、仲畑貴志さん、眞木準さん、副田高行さん、佐々木宏さん、大貫卓也さん、佐藤雅彦さん。贅沢なスーパースターたち。打ち上げの食事会には、社員の何人かが参加できて、なぜかヨシ子さんはいつもぼくを呼んでくれた。刺激されまくった。才能に圧倒されて、自分がちっぽけにも感じた。

「名雪さんって、独立するタイプじゃないね」

昔、何気なく同僚に言われたことがある。当時のぼくもそう思った。自信の無さを、タイプという言葉でごまかしていたのかもしれない。でも、タイプかどうか、わかる必要ってあるんだろうか? わかったところで、やりたいことをやめられないだろう。

独立するか、しないか。はたして食えるのか?

前の会社で300万円だった年収は
リクルート10年目で、1500万円になっていた。5倍。

でもそんな成功より、人生は勇気のサイズ。
独立した。

サッカー・フランスワールドカップの
テレビ放送を全試合観られる、という
ド暇な日々が待っていた。

(次回は、わがカネボウ破綻!)

NO
年月日
名前
5009 2020.10.29 古屋彰一 網下着おじさん
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
  • 年  月から   年  月まで