リレーコラムについて

ぼうけんしゃたち

高橋尚睦

問題:
「あなたの子ども時代のエピソードについて書き、
最後にタグラインを1行つけて、自分の名前を広告しなさい」

20代のときに受けたクリエイティブ転局試験の作文課題。
そこに書いた子ども時代の何気ないできごとが、
コピーライター人生をスタートさせてくれた。

原稿用紙にどんな回答をしたのか、
記憶をたどって書いてみようと思う。

*    *    *

答:

ぼくらは冒険に出発した。
パーティーは4人。
ゆうしゃの斎藤くん、せんしの今井くん、
そうりょの速水くん、まほうつかいのぼく。

2時間目と3時間目のあいだの「20ぷんやすみ」に
校庭というフィールドをぼくらは旅した。

冒険には欠かせないものがある。

地図だ。

出発の前夜、家で「じゆうちょう」に地図を描いた。
B5サイズの白い紙に、鉛筆で描かれた1枚の地図。
でも、真新しい地図は、どこか味気ないのだ。
もっとなにかこう、“いにしえの”感じがほしかった。

そこでぼくはある「まほう」を思いついた。

キッチンへと向かい、持ってきたのは「しょうゆ」。
それを真っ白な地図に、ドボドボと注いだ。
しょうゆの香ばしいにおいが広がる。
いい具合にしなびてきたら、
しわくちゃになるまで握りつぶした。
仕上げはストーブ。パリパリになるまで乾燥させる。
最後はお好みで、もうひと握り。

するとあら不思議、宝箱から出てきたような
“いにしえの”宝地図のできあがり。

どうやらこの地図のどこかに、
とんでもない「おたから」が隠されているらしい。
このアイテムを片手に、ぼくらは校庭というマップを旅した。

ひとたび冒険に出かけると、
何年間も過ごしてきたはずの校庭は、
未知なるものにあふれていた。

百葉箱という「ほこら」の中を覗き込んだ。
卒業生がつくった謎のトーテムポールを「しらべた」。
体育館の裏という「ダンジョン」を攻略した。
裏門の植栽という薄暗い「森」へ迷い込んだ。

「今度はあっちだ!」

およそ20ぷんのあいだ、いにしえの地図を頼りに、
ぼくらは紛れもなく冒険をしていた。
それは大人の時間の「20分」とは違う「20ぷん」だった。
冒険はチャイムと共にエンディングを迎えた。

さて、ぼくらは冒険で何を見つけたのだろう?
宝の地図に記された「おたから」は、
果たして見つかったのだろうか?

なんにも見つからなかった。

当然だ。
そもそも「おたから」など最初からなかったのだ。
でも、それでじゅうぶんだった。

しょうゆ香る宝地図を片手に冒険した、
あの20ぷんそのものが「おたから」だったのだから。

しょうゆひとつで世界は変わる
高橋尚睦

*    *    *

こんなようなことを書いたと思う。

いま見ると全然オチてないので恥ずかしいかぎりだが、
それでもこの試験を経て、
念願のコピーライターになることができた。

あのとき「冒険」をしていなかったら、
クリエイティブ試験の結果も違ったかもしれない。
「しょうゆひとつ」で、
少なくともぼくの世界は本当に変わってしまった。

ということで、
おしょうゆのお仕事、お待ちしております。

*    *    *

はじめまして。2020年入会の
高橋尚睦(よりのぶ)と申します。

新人賞同期の猪飼ひとみさんから
バトンを受け取りました。
猪飼さん、コラムすごく良かったです!
まだ読まれてない方は、ぜひ読んでみてください。

そうそうたる方々が書いてきたこのリレーコラムに
自分が名前を連ねてよいのだろうかと思いつつ、
今週ぶんを担当させていただきます。

お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします。

NO
年月日
名前
5173 2021.09.24 荻原 海里 大吉先生
5172 2021.09.24 荻原 海里 頭の中に、にょろっと。
5171 2021.09.20 荻原 海里 人生の答え合わせ
5170 2021.09.17 安達 岳 コピーライターになって10年後
5169 2021.09.16 安達 岳 コピーライターになった日。
  • 年  月から   年  月まで