リレーコラムについて

⑤そろそろ箱根駅伝ですね

原壮俊

僕は、高校の3年間だけですが
陸上の長距離をやっていました。

中学の時、駆り出された駅伝大会の
結果が評価されたみたいで
私立高校に誘われて
寮生活をしていました。

最初の1週間というか…入学前の
合宿で怪我をして、入学以来
半年間ずっと別メニューでした。

自分のペースで、練習しないと
つぶれる…というか、陸上生活の
スタートが切れない、ということで
結果が出る保証は全くなかった
のですが、半年で転校を決意。

同級生とか先生の期待を背負って
遠くの強豪校に入ったのに
実家から自転車で15分の
公立高校に帰ってきました(笑)

いろんな方のご協力で特例的に
転校させてもらったので
陸上で結果を残さないとまずい…
と思い、部活に専念&勉強を全く
しない日々がスタートしたのです。

結果、転校してからも、怪我ばかりで
競技生活の半分以上は練習できない
日々でしたが、ギリギリで県大会を
優勝したり、インターハイに行ったり
して、伸びしろを評価してくれた
大学から学費免除という身に余る
お誘いまで。。

でも、箱根を走る覚悟も自信もなく
怪我で悩むのはもうしんどくて
高校で競技を引退&浪人して
進学をしました。
↑思い出の幕。個人名はNGらしく
 運営の人に怒られて、競技場で
 開くことはほぼ無かったらしい。 


箱根駅伝を見ると「どうせ怪我で
走れなかったはず!」と自分を
説得させようとする気持ちと、
「走ってたら先生とか友達が
喜んでくれたのかなあ」という
気持ちになって、ややこしいですが
少し大人になった3年間でした。

華やかに見える「企画」の仕事は、
とても泥臭いです。良い1案を出すために
パソコンやノートの前で悩み続けたり
たくさんの制作物に触れて、
地道に分析したりすることもあります。

嬉しい一瞬のために、ずーーっと
粘り続けるところが「スポーツ」に似てるし
それができているのは
高校生活のおかげでもあります。


---------------
ということで、僕のコラムは以上です。
連日のコラムきつかったですが、
意地でちゃんと5回書きました!

来週の担当はフリーで活躍している
後藤誠一さん。TCC新人賞の同期です。
コピーライターでもありながら
脚本などのお仕事もされています。
後藤さん、よろしくお願いします!!


原壮俊
NO
年月日
名前
4918 2020.07.10 杉山恒太郎 CallitCovid19 コビッドナインティーンと呼ぼうよ!
4917 2020.07.07 杉山恒太郎 変わること、変わらないこと
4916 2020.07.06 杉山恒太郎 おかえり GINZA
4915 2020.07.03 山根哲也 零度目のバトン
4914 2020.07.02 山根哲也 何度目かの春
  • 年  月から   年  月まで