リレーコラムについて

はじめて褒められたCM

河内大輝

こんにちは。

93年神戸生まれ、小中高と野球部、大学ではラクロス部に所属していた河内大輝と申します。

 

博報堂に入社し、初任配属を決める面談の時に

「電通関西みたいな、おもしろいCMを作りたいです」

と言ったら、TBWA \HAKUHODOに出向になりました。

 

なんで?

 

入社してからは、今日も西海岸から出社してきたのかな、と見紛うおしゃれなお兄さんお姉さんに鍛えていただきました。

今ではみなさん仲良くしていただき、受賞も祝ってくれて本当に大好きな先輩たちなのですが

新人の頃は厳しくて厳しくて大変でした。

 

特にトレーナーの細田さんに褒められた記憶がほぼなく

入社して数ヶ月間、とても論理的にわかりやすく、ボコボコにしていただきました。

 

そんな細田さんがはじめて笑ってくれた(鼻で)CMが、

文化放送のラジオCMコンテストに出そうと思っていたこのCMです。

お題は青二塾で、演技力を磨こう!みたいなのがオリエンでした。

 

 

____

男:わっ!

女:ふへへ、だ~れだっ!

男:も~!ミキちゃんでしょ!(笑)

おじさん:いいえ、吉田でした。

男:え…マジで誰…

NA:予想を超える演技力を。青二塾。

_____

 

 

細田さんはこれを読んだ時に、

「ラジオの、映像がないところを生かした裏切りがいいね。お前も成長したな」

みたいなことを思っている目をしていました。

 

僕ははじめてウケたのが嬉しくて、

「これは文化放送グランプリとったわ」

と思って、グランプリ受賞者がその場にいないのも盛り上がらへんしな、

と気を遣ってグランプリ発表会の観覧希望に応募しました。

 

有楽町の文化放送に着いて、意気揚々と中に入ろうとするときに

「観覧者受付」「ノミネート者受付」の2つの入り口があるのを見て

だっっっっっる、俺ノミネートされてへんやんけと思って

観覧せずにカラオケに行って帰りました。

そんな思い出の、はじめて褒められたCMです。

 

おわり。

NO
年月日
名前
5364 2022.09.17 宮坂和里 アイデアは自分の分身か否か
5363 2022.09.16 宮坂和里 素ってなんでしょう
5362 2022.09.14 宮坂和里 運動部不信仰
5361 2022.09.12 宮坂和里 視野が狭い
5360 2022.09.09 河内大輝 はじめて感謝したCM
  • 年  月から   年  月まで