リレーコラムについて

でかまり子ちゃん

尾形真理子

ひとつ上の先輩に、ちびまる子ちゃんがいる

わたしが小学2年生のときに「りぼん」で連載がはじまって、

「素朴すぎる小さなヒロイン」は、小学3年生だった

 

くだらなさの中に情けがあり、

しょーもなの中にの真実があり、

冷静なまなざしの中に希望があることを、

わたしはちびまる子先輩に教わった気がする

同級生より常に頭ひとつ大きかったわたしは、

「でかまり子ちゃんだな」と自分のことを笑った

そして「背が高い」ということなんて、

悩んでも面倒くさいだけでしょーもないからやめようと思った

 

自虐ともまた違う、自分を笑うという感覚

それがないと、自分を客観的にダメ出しできない

そして、自分の思い込みを信じきれない

 

社会人になってから、

ろくにコピーが書けない毎日がツラくて、

日曜日も夕方になると憂鬱だった

そんな時間にテレビを点けると、

いまだ小学3年生のちびまる子ちゃんがいた

仕事の憂鬱が晴れるわけではなかったが、

勝手に憂鬱になっている自分をしょーもないと苦笑いして、

月曜日は会社に行った

思えばこの32年、ちびまる子先輩にはお世話になりっぱなしだ

 

さくらももこさんのご冥福を、心からお祈りいたします

NO
年月日
名前
5063 2021.01.21 三島邦彦 方法のかけらたち
5062 2021.01.20 三島邦彦 日本宴会芸学会
5061 2021.01.19 三島邦彦 言葉が鍛えられる場所
5060 2021.01.18 三島邦彦 阿呆の逃亡
5059 2021.01.15 嶋野裕介 セミになった妻
  • 年  月から   年  月まで