リレーコラムについて

②ロメオと心臓

後藤誠一

今回は、最初にやった仕事の話です。

(すみません、コピーについて、ではなくて雑談です)

就職先は福岡の映像プロダクション。

番組やCMなどを作る会社です。

まず、付くことになったのは、九州各地をまわる日曜お昼の旅番組。

その制作進行、アートディレクターでない方のADです。

45分の番組を、片道5時間かかる場所であろうと12日で撮りきる、というトライアスロンみたいな番組だったのですが、

照明が2名、スタイリスト1名、さらにドリーやクレーンなどの特機、撮影車も同行するという、地方のレギュラー番組としては力の入った編成でした。

(会社的にも赤字なので、それらは後に全部割愛されましたが)

撮影車とは、例えば阿蘇の雄大な景色をバックに走る被写体で、言わば「旅のシズル」です。

初回は、車好きのディレクターが高級車ディーラーに頼み込んで借りた、ヴィンテージのコンバーチブル「アルファロメオ・スパイダー」。

映画「卒業」でダスティン・ホフマンが乗っていたイタリアの名車です。

 

撮影当日の早朝。

準備と緊張で眠れずに来社すると、朝もやの向こうに真っ赤な車が見えてきました。

ですが、どうも変です。

なんというか、左右対称じゃない。

そういう車なのか?

寝ぼけているのか?

朝もやを払いのけて近づいた瞬間、

眠気は寒気に変わりました。

美しい曲線を描いているはずの、右のヘッドライトからドアにかけてがボッコリ凹んでいるのです。

 

心臓から、4気筒エンジンがフル稼動する音が聞こえてきました。

(続く)

NO
年月日
名前
4857 2020.04.07 神谷幸之助 1989
4856 2020.04.03 高橋祐司 「言葉」は死んだ?
4855 2020.04.02 高橋祐司 「別れ」は死んだ。
4854 2020.04.01 高橋祐司 「偽物」は死んだ。
4853 2020.03.31 高橋祐司 「古い」は死んだ。
  • 年  月から   年  月まで