TOPICS

「TCC賞展2019」開催!

6月29日(土)~8月31日(土)まで「TCC賞展2019」をアドミュージアム東京(ADMT)で開催いたします。

本年度TCCグランプリに選ばれたのは、麻生哲朗氏(TUGBOAT)による三井住友カードの企業広告「奇妙なモノを持ち歩いてるもんだ お金ってなんなんだろう」(TVCM)。TCC最高新人賞はパイロットコーポレーション フリクション「書いてダメなら、消してみな。」(WebMovie)などで辻󠄀中輝氏(電通)が受賞。

本展では、TCCグランプリ1作品、TCC賞14作品、審査委員長賞3作品と最高新人賞1名・新人賞21名の受賞作品および69 本のファイナリスト作品をタブレットで鑑賞できるコーナーも設置。また、ここでしか⾒られない制作秘話が書かれた受賞者本⼈による解説も展示しています。

広告コピーを見れば、いまの時代が見えてくる。応募総数6,796点の頂点に立つ広告コピーをご堪能ください。入場無料です。

 

■開催概要

「TCC賞展2019」
主催: 公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 アドミュージアム東京
東京コピーライターズクラブ
会期: 2019年6月29日(土)~8月31日(土)
会場: アドミュージアム東京 企画展示室(Hall B)
〒105-7090東京都港区東新橋1-8-2カレッタ汐留
開館時間: 火~土曜 11:00~18:00
休館日: 日曜、月曜(ほか不定休あり)
入場料: 無料

 

■開催にあたって

コピーを取り出す。発想を解剖する。

これから皆さんがご覧になるのは、
今を代表する広告映像やグラフィックですが、
私たちがお見せしたいのは「言葉」です。

当たり前ですが、広告はコピーだけでは完成しません。
優れた広告の中で、コピー=言葉はどんな仕事をしているのか?
本年度の受賞作品からコピーのみを取り出すことで、
その「はたらき」を探求する実験を行いました。

アイデアの芯となり、表現を力強く支える言葉。
繊細な心の機微を、やさしくつかむ言葉。
笑える言葉。じわっとくる言葉。挑戦的な言葉。

言葉を抽出することで見えてくる、コピーライターの技と野心。
ゆっくりと時間をかけて、お楽しみいただければ幸いです。

TCCコピー年鑑2019
編集委員長 渡辺潤平

■展覧会の見どころ

今年のADは年鑑と同じ⽊⾕友亮⽒(カイブツ)。広告コピーの賞であることを意識した、⾔葉が前⾯に⽴った展覧会になります。⾔葉をあつかったインスタレーションのような。コピーのパタパタ時計などの仕掛けもあり、ぼーっと楽しめる⼼地よい展覧会です。

 

■展示連動企画・イベント

1.「トークイベント」
8⽉31 ⽇(⼟)、受賞者等をパネラーに迎え計3回開催いたします。いずれも定員60 名、先着予約申込制となっております。詳細は後日ADMT ホームページ(www.admt.jp)に掲載します。

・11:00-12:15
井村光明⽒(TCC 賞/博報堂)×神⽥祐介⽒(TCC 賞/博報堂)

・13:30-14:45
辻中輝⽒(最⾼新⼈賞/電通)×阿南由貴佳⽒(新⼈賞/グレイワールドワイド)
×吉⽥洋晃⽒(新⼈賞/電通)×国井美果⽒(副審査委員⻑)

・15:30-16:45
⿇⽣哲朗⽒(本年度グランプリ/TUGBOAT)×磯島拓⽮⽒(本年度審査委員⻑)

2.「コピーライター行動展示」
今年の受賞作を制作した新⼈賞受賞のコピーライターたち本⼈を展⽰する恒例企画です。受賞作品にまつわる制作エピソードや、ふだん、どんな発想で仕事をしているのか。本⼈の⽣の声をお届けします。*実施スケジュールはADMTホームページ(www.admt.jp)をご覧ください。

3.「コピーライターの本棚」
ADMT 併設の広告図書館では、受賞者の愛読書を展⽰したコーナーが登場。受賞者の皆さんが⽇頃読んでいる本、みなさんにおすすめしたい本を本⼈のコメントとともにご紹介します。