リレーコラムについて

AD兼CD

米田恵子

AD兼CDには2タイプあり、

「コピーいらない人」と「コピーだいじな人」がいます。

後者の話です。

絵と企画がすでにできていて、これに理屈をください。

という発注。飾り文字がほしいので、ナイスでシャープな

英語をください。という発注。という話ではなく。

 

「今回はメッセージがだいじなんです」と転がされると、

俄然がんばってしまうのがコピーライターの性ですが、

あらゆるCDのなかで、AD兼CDに言われると、

震えるほどやる気マックスになる。

それくらい、そんなADいまどき珍しい。

絶滅危惧種。希少価値あり。

よくぞ生き残ってくれていると胸が熱くなります。

 

AD兼CDとの仕事で一番わくわくするのは、

コピーの予想外の顔つきに出会えること。

自分が書いたことを忘れさせるほどのデザインは快感です。

 

社会派で挑戦的なコピーを書くことがありますが、

そのコピーに「ふさわしいデザイン」でプレをして、

逃げ腰になったクライアントが却下するパターンがある。

くやしい。

絵解きせず、コピーにのまれず、引きづられず、

お互い距離を保ちながら、堂々と、チャーミングに伝える。

そんなデザインに私は何度も助けられました。

 

とても感動したステートメントのデザインの

お話もしたかったのですが、コピーの催促が来たので〆ます。

 

ADデザイナーのみなさま、いつも感謝しております。

NO
年月日
名前
4921 2020.07.15 細川直哉 旅・その2「ボーダーをまたぐ」
4920 2020.07.14 細川直哉 旅・その1「逆の視点」
4919 2020.07.13 細川直哉 旅立ち前夜
4918 2020.07.10 杉山恒太郎 CallitCovid19 コビッドナインティーンと呼ぼうよ!
4917 2020.07.07 杉山恒太郎 変わること、変わらないこと
  • 年  月から   年  月まで